フォードの自動車用先進照明システム……人、標識、GPSでビーム切り替え 画像 フォードの自動車用先進照明システム……人、標識、GPSでビーム切り替え

IT業務効率

 ハンドルを切った方向をライトが照らしたり、対向車が現れるとハイビームからロービームに自動的に切り替わったり、自動車の照明技術が進化している。そうした中、米フォード・モーターは、自動車で夜間走行中に事故につながる危険をいち早く察知するための2種類の先進照明システムを発表した。

 いずれも、ドイツ・アーヘンにあるフォードの欧州研究イノベーションセンターで開発しているもの。まず、「カメラベース先進前方照明システム」は、ジャンクションやラウンダバウト(ロータリー)に合流したり、「止まれ」の標識の部分に差し掛かると自動的に照明のビームが左右に広がり、周囲の状況を確認しやすくする。

 さらに、ナビゲーションシステムで走行ルートをあらかじめ設定しておけば、地図に合わせてカーブの曲がり具合にライトが追随し、進行方向の道路が見やすくなる。GPS情報が得られない場所でも、バックミラー部分に取り付けられたカメラで道路のレーンを確認しながら道路の曲がり具合を予測し、ライトを曲がる方向に向けられるという。こうした機能は近いうちにフォード車に搭載される見通しだ。

 2つめの「スポットライティング」は、まだ開発初期段階の技術。フロントグリルに搭載された赤外線カメラを使って120m先から同時に最大8つまでの人間や動物を検知し、追跡する。左右のフォグランプの隣に、それぞれ独立して機能するLEDライトが合計2個取り付けられていて、赤外線カメラで検知した人などを最大2つまで別々に照らし出す。これらは車載モニターにも表示され、距離が近づくにつれ、人や動物をモニター上に囲んで示すフレームの色が赤や黄色で表示されるようになるという。

合流地点で左右にビーム広がる、フォードが自動車用先進照明システム

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  2. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

    サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  3. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  4. 品目や特色を打ち込むだけ、農産物の販売先を見つけられる検索サイト/農水省

  5. ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

  6. 地震後のビル被災度判定システムが好評! 低価格で導入可能

  7. 福井県、中小企業のECサイト運営や立ち上げを専門家無料派遣でサポート

  8. 安全性の高いドローン、技術の秘密は?

  9. 西武建設と岩崎がVR技術活用の安全教育システム開発。現場を3D再現、気づき体感

  10. 国交省・森昌文技監「既にオープンイノベーションの動きは始まっている」

アクセスランキングをもっと見る

page top