大潟村あきたこまち生産者協会「コメピュレ」生産ライン増強……パンをしっとりさせると好評 画像 大潟村あきたこまち生産者協会「コメピュレ」生産ライン増強……パンをしっとりさせると好評

インバウンド・地域活性

 【秋田】大潟村あきたこまち生産者協会(秋田県大潟村、涌井徹代表、0185・45・2851)は、早ければ年末にも、コメをペースト状に加工した食品素材「コメネピュレ」の生産ラインを増設する。日本政策金融公庫秋田支店、秋田銀行大潟支店から合計4億円の協調融資を受けた。現在は1ラインが稼働し、2015年6月期の売上高は5億円弱。増産により「2―3倍の売り上げを目指す」(涌井代表)としている。 コメネピュレは高い保水力を持つため、小麦パンや米粉パンなどに添加することで、しっとりした食感を持続できる。製パンや製菓メーカーなどから受注の見通しが立ち始めたことから、増産の準備を整えることにした。日本公庫秋田支店、秋田銀大潟支店は協調融資スキームを組成し、同協会の事業展開を支援する。 同協会は家庭消費用、飲食店など業務用米の精米加工・販売業者。14年6月にネピュレ(東京都中央区)と業務提携を締結。「コメネピュレ」の製造販売を始めた。

パンをしっとりさせるお米のチカラ―「コメピュレ」増産

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  6. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  9. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  10. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top