マレーシア最大の港コンテナーターミナル、今後5年間でコンテナ容量拡張へ 画像 マレーシア最大の港コンテナーターミナル、今後5年間でコンテナ容量拡張へ

海外進出

PTP、今後5年間の拡張計画 PTP(Port of Tanjung Pelepas)は、MIMC株式会社が70%、APMターミナルが30%の合弁会社でマレーシア最大のコンテナーターミナルである。PTPは、今後5年間で現在1,250万TEUs(20フィートコンテナー単位)の取り扱い業務から1,500万TEUsへ容量を拡張する事業計画を掲げている。TEUは、1TEUは、20フィートコンテナー1個分、港やターミナルなどで取り扱う貨物量を表す単位で40フィートコンテナーは、1個を2TEUsと計算、積載容量の単位をTEUと表示する。海底の深さは、現在、既存の船に合わせて16メートルであるが将来的には、世界最大級のコンテナー船が出入港するためには海底は、18.5メートルの深さが必要である。輸出入のコンテナー船の渋滞を防ぐためには、幅も現在の400メートルから600メートルへ拡張する。PTPが目標とするPSAシンガポールPTPが目標としているPSAシンガポールは、全ての港のコンテナー業務をPasir PanjangからTuasへ2027年には移動すると報告している。Tuasは、2014年昨年、すでに年間貨物コンテナーが2倍に増え6,500万TEUsの取り扱い業務実績を残した。シンガポールのTuasメガポート計画は、今年に入り建設を開始、2021年には完成予定である。PTPの現状と今後の意図PTPは、クアラルンプールから車で所要時間、約380キロ、およそ3時間半、ジョンホールバルからは、約45キロ、およそ30分に位置するマレーシアで最も忙しいターミナル、港の1つである。PTPは、2015年6月時点で約450万TEUsの取り扱い業務、今年の目標は昨年同様、900万TEUs以上である。PTP副最高責任者Hanif Hamid氏は、と事業計画と共に報道記者に述べている。PTPは、世界トップ5のMaersk Line、MSC、CMA-CGM 、Evergreen海運業社を主な顧客として、マレーシアの経済成長を促す活躍をしている。(画像はPTPホームページより)

マレーシア最大の港コンテナーターミナル

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  2. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  3. 海外戦略は大丈夫? 縮小、撤退、移転……中小企業の海外事業失敗例を公表

    海外戦略は大丈夫? 縮小、撤退、移転……中小企業の海外事業失敗例を公表

  4. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  5. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  6. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  7. 長大、ベトナムで地域創生支援事業展開、農業テーマパークも!

  8. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  9. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  10. 自動車輸出、中近東市場で普通乗用車需要が拡大――自工会、14年度自動車輸出実績発表

アクセスランキングをもっと見る

page top