衣服が教材……「服育」の展示会 画像 衣服が教材……「服育」の展示会

ライフ

 衣服を教材として、衣服そのものをはじめ、環境問題などさまざまな分野について学ぶ「服育」に関する展示会が8月に東京・大阪の2会場で開かれる。繊維商社のチクマ社などが共催する。「服育ミュージアム」と名付けた。学校の制服について交通事故や災害、犯罪などから身を守る工夫に関する展示や、すごろく形式で衣服の製造から再利用に至るまでを学ぶ教材の紹介などがある。
 同社は平成16年に「服育」を提唱。普及を進めてきた。今回は過去10年間の模様や、教育現場での反響、実践した教員の声なども発表する。
 8月4、5の両日は東京の「秋葉原UDX」で、20、21の両日は大阪の「グランフロント大阪」でそれぞれ開催する。
《日本教育新聞》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 【流通ウォッチ】「袋詰め」鶏肉がトレーなしで採用広がる、エコと販促の一手

    【流通ウォッチ】「袋詰め」鶏肉がトレーなしで採用広がる、エコと販促の一手

  2. 人に勧める百貨店は伊勢丹、では自分の満足度が高いのは?

    人に勧める百貨店は伊勢丹、では自分の満足度が高いのは?

  3. “モノづくり”が体験できる遊園地「グッジョバ!!」、2016年春オープン

    “モノづくり”が体験できる遊園地「グッジョバ!!」、2016年春オープン

  4. 業界挙げ新しい乳用種雄牛を選抜……デビューは来年2月

  5. 日本最古の鉄製帆船「明治丸」、大林組が修復!

  6. 「葛根湯」などに使用の麻黄、東京農大・金沢大の研究チームにより国産化にめど

アクセスランキングをもっと見る

page top