再開発進む月島で、歴史ある町並みを外国人にPR……芝浦工大の路地マップに英語版 画像 再開発進む月島で、歴史ある町並みを外国人にPR……芝浦工大の路地マップに英語版

インバウンド・地域活性

 芝浦工業大学工学部建築学科の地域デザイン研究室は、自身が制作した「月島路地マップ」の英語版を製作。同研究室が運営する月島長屋学校のウェブサイトで公開した。

 月島路地マップは、2011年7月に制作されたもの。地域デザイン研究室の志村秀明教授が、授業のなかで収集した月島地区の情報や描いたイラストを活用して完成させた。完成したマップはもんじゃストリートや月島図書館を通じて、累計約1万部を配布。町の歴史に加え、有名な飲み屋など地元情報も盛り込んでおり、地元民や観光客に利用されてきた。

 今回発表された英語版は2014年から本格的に制作に取りかったもので、2015年6月には国際コンテスト「Walking Visionaries Awards」で「Advocacy, Campaigning and Social Projects」部門受賞作に選ばれている。ミシガン大学やカリフォルニア大学から訪れた教授や学生の月島散策などにも活用されているようだ。

 月島は2020年に向けた東京湾岸地区の再開発計画が進むエリア。新たに外国人にも歴史ある町並みを認知してもらうことで、再開発計画のなかでも景観や町の魅力を継承していくことを狙っている。

★毎週月曜発行★
先週公開のオススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

    川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

  4. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  5. 大手が参入できない強みを生かした下諏訪の「温泉ストーブ」

  6. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  7. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  8. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  9. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  10. 日立建機、オフロード法2014適合のホイールローダ

アクセスランキングをもっと見る

page top