地域で外国人向けSIMを提供……オリンピック見据えるさいたま市、サミット控える伊勢市など 画像 地域で外国人向けSIMを提供……オリンピック見据えるさいたま市、サミット控える伊勢市など

インバウンド・地域活性

 自治体や地域の観光案内施設で、訪日外国人向けSIMの展開が続いている。

 訪日外国人観光客の記録的な増加に加え、2020年の東京オリンピックを控える中で、海外からの観光客のいっそうの増加が予想されている。その受け入れ対策の中で課題のひとつとなっているのが通信環境の整備だ。

 これについては、無料の公衆無線LANの整備が取りざたされるのと同時に、スマートフォンなどで使える訪日外国人向けプリペイドSIMも多くなっている。いわゆる格安SIM市場でトップシェアのNTTコミュニケーションズ(OCN)をはじめ、ソネットなどが訪日外国人をターゲットにしたプリペイド方式のSIMカードを販売。以前は空港や量販店などを中心に販売されてきたが、最近では自治体や観光案内所などで販売するケースも増えてきた。

 JR札幌駅内の「北海道さっぽろ観光案内所」では、7月8日からソネットのプリペイドSIM自動販売機を設置。2016年に伊勢志摩サミットの開催を控える伊勢市観光協会も、8月3日より市内にある外宮前観光案内所でNTTコミュニケーションズのSIMの販売をスタートする。これは、国内の観光協会としては初めての試みだ。

 また、さいたま市は7月10日から、市内の協力宿泊施設などを利用する訪日外国人に無料でプリペイドSIMの配布を開始。2000枚の配布が終了するまで継続する。無料の公衆無線LANの代わりに通信環境を提供する狙いだ。

 観光協会や自治体など地域単位での取り組みは、訪日外国人対策として今後注目されそうな動きといえるだろう。

★毎週月曜発行★
先週公開のオススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  4. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  5. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 【田舎にもっと外貨を!:2】日本中に自分の故郷を作るプロジェクト

  10. パリに勝てるか? カジノはどうなる? 大阪府ら25年万博誘致へ

アクセスランキングをもっと見る

page top