残高1万5000円の事業者をどう救済? 大阪府の商工会らが小規模事業者の支援事例をプレゼン 画像 残高1万5000円の事業者をどう救済? 大阪府の商工会らが小規模事業者の支援事例をプレゼン

インバウンド・地域活性

 大阪府商工会連合会が、府内の商工会や商工会議所の支援事例を報告するプレゼンテーション大会を行う。開催は7月30日の13時からを予定しており、会場はホテルアウィーナ大阪。

 プレゼン大会は府内の商工会が小規模事業者支援の事例とそのノウハウを共有する目的で開かれるもの。茨木商工会議所、豊中商工会議所など府内にある7つの商工会らが、それぞれ事例のプレゼンテーションを行う。

 豊中商工会議所は、通帳残高が1万5002円になった事業者に対する支援事例を発表予定。社長の強みなどを活かした支援を紹介する。このほか、摂津市商工会による丼メニューのイベント「Don丼祭り」での地域活性化、忠岡町商工会による品質管理での統計的手法の活用といった事例が発表されるとのことだ。

 大会への参加は無料。定員は20名ほどで、申し込みは大阪府商工会連合会が電話にて受け付ける。

★毎週月曜発行★
先週公開のオススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」が教えてくれる、サービス業型産業の成長性

    「高校野球」が教えてくれる、サービス業型産業の成長性

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  6. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  9. 東京五輪の新国立競技場、現場見学会参加者300万人達成でイベント開催

  10. 東京五輪新規恒久施設、17年度内にすべて着工、実質的工期はあと2年半!

アクセスランキングをもっと見る

page top