残高1万5000円の事業者をどう救済? 大阪府の商工会らが小規模事業者の支援事例をプレゼン 画像 残高1万5000円の事業者をどう救済? 大阪府の商工会らが小規模事業者の支援事例をプレゼン

インバウンド・地域活性

 大阪府商工会連合会が、府内の商工会や商工会議所の支援事例を報告するプレゼンテーション大会を行う。開催は7月30日の13時からを予定しており、会場はホテルアウィーナ大阪。

 プレゼン大会は府内の商工会が小規模事業者支援の事例とそのノウハウを共有する目的で開かれるもの。茨木商工会議所、豊中商工会議所など府内にある7つの商工会らが、それぞれ事例のプレゼンテーションを行う。

 豊中商工会議所は、通帳残高が1万5002円になった事業者に対する支援事例を発表予定。社長の強みなどを活かした支援を紹介する。このほか、摂津市商工会による丼メニューのイベント「Don丼祭り」での地域活性化、忠岡町商工会による品質管理での統計的手法の活用といった事例が発表されるとのことだ。

 大会への参加は無料。定員は20名ほどで、申し込みは大阪府商工会連合会が電話にて受け付ける。

★毎週月曜発行★
先週公開のオススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  2. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

  8. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  9. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  10. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

アクセスランキングをもっと見る

page top