丑の日だから牛肉も売り込め……スーパー、卸業者らがPR強化

マネジメント

「土用の丑(うし)の日」に牛肉を――。小売店などが、語呂合わせで牛肉の売り込みを強化している。夏の暑さを乗り切るスタミナ食材としてPRし、牛肉の新たな物日需要を狙う。新しさを求める消費者向けに、ウナギと牛肉の相乗効果を狙った商品の投入も目立つ。福島県JAあいづの農産物直売所「まんま~じゃ」(会津若松市)は丑の日の24日、県産和牛を目玉にしたセールを仕掛ける。県産和牛肉の価格を通常より約2割下げ、お得感を訴える。「暑さが増してきて、牛肉を売り込むにはちょうどよい時期になった」(同店)。当日の牛肉全体の売り上げは普段の約2倍を見込む。食品メーカーやスーパーは、ウナギと牛肉を組み合わせ、相乗効果で売り上げアップを狙う。総菜店やレストランを営む柿安本店(三重県桑名市)は、黒毛和牛と鹿児島県産のウナギを使った「国産うなぎ&黒毛和牛牛めし」(1501円)を百貨店などで5月から販売。目標の10万食を売り切る見込みだ。同社は「ウナギと一緒に、定番商品の牛めしを一緒に食べられるお得感が当たった」(広報室)と手応えをつかむ。コンビニエンスストアのサークルKサンクスは、牛肉をウナギと並ぶ“主役級”に推す。丑の日商材10品のうち5品に牛肉を取り入れた。刻んだウナギと韓国風の牛焼き肉を具材にした「国産うなぎ&牛カルビ焼肉巻セット」(739円、税別)などを売り込む。ダイエーは丑の日用の予約販売商品では今年初めて、牛肉を使った「うなぎまぶし飯&さつま姫牛牛飯」(4、5人用、2900円、税別)を投入した。食肉卸会社は牛肉の売り込みが広がる要因について「語呂の分かりやすさに加え『ウナギ以外のぜいたく品も食べたい』というニーズを捉えているのでは」と分析する。

丑の日 牛肉も売り込め スタミナ食材小売店PR ウナギと相乗効果狙う

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 東プレ、八千代工業の国内板金プレス事業を買収…ホンダ向け事業を強化

    東プレ、八千代工業の国内板金プレス事業を買収…ホンダ向け事業を強化

  2. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

    コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  3. 【訃報】北野次登氏・北野建設最高顧問、24日に告別式

    【訃報】北野次登氏・北野建設最高顧問、24日に告別式

  4. 中小企業の利用も拡大中……マイナンバー対策など牽引で国内の企業向け研修サービスが拡大傾向

  5. 日本人ICCTメンバーに聞く「VW不正のメカニズムと規制の行方」

  6. 中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査

  7. 2015年度上期の公共工事、各地で大幅に減少

  8. 乗合バス事業収益、地域格差拡大……国交省

  9. オオバ、生産緑地の活用策を提案するコンサル事業開始

  10. 物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

アクセスランキングをもっと見る

page top