丑の日だから牛肉も売り込め……スーパー、卸業者らがPR強化

マネジメント

「土用の丑(うし)の日」に牛肉を――。小売店などが、語呂合わせで牛肉の売り込みを強化している。夏の暑さを乗り切るスタミナ食材としてPRし、牛肉の新たな物日需要を狙う。新しさを求める消費者向けに、ウナギと牛肉の相乗効果を狙った商品の投入も目立つ。福島県JAあいづの農産物直売所「まんま~じゃ」(会津若松市)は丑の日の24日、県産和牛を目玉にしたセールを仕掛ける。県産和牛肉の価格を通常より約2割下げ、お得感を訴える。「暑さが増してきて、牛肉を売り込むにはちょうどよい時期になった」(同店)。当日の牛肉全体の売り上げは普段の約2倍を見込む。食品メーカーやスーパーは、ウナギと牛肉を組み合わせ、相乗効果で売り上げアップを狙う。総菜店やレストランを営む柿安本店(三重県桑名市)は、黒毛和牛と鹿児島県産のウナギを使った「国産うなぎ&黒毛和牛牛めし」(1501円)を百貨店などで5月から販売。目標の10万食を売り切る見込みだ。同社は「ウナギと一緒に、定番商品の牛めしを一緒に食べられるお得感が当たった」(広報室)と手応えをつかむ。コンビニエンスストアのサークルKサンクスは、牛肉をウナギと並ぶ“主役級”に推す。丑の日商材10品のうち5品に牛肉を取り入れた。刻んだウナギと韓国風の牛焼き肉を具材にした「国産うなぎ&牛カルビ焼肉巻セット」(739円、税別)などを売り込む。ダイエーは丑の日用の予約販売商品では今年初めて、牛肉を使った「うなぎまぶし飯&さつま姫牛牛飯」(4、5人用、2900円、税別)を投入した。食肉卸会社は牛肉の売り込みが広がる要因について「語呂の分かりやすさに加え『ウナギ以外のぜいたく品も食べたい』というニーズを捉えているのでは」と分析する。

丑の日 牛肉も売り込め スタミナ食材小売店PR ウナギと相乗効果狙う

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 経済調査会、理事長に高田実男氏就任

    経済調査会、理事長に高田実男氏就任

  2. ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

    ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

  3. 新・ダイバーシティ経営企業&なでしこ銘柄、3月16日に発表

    新・ダイバーシティ経営企業&なでしこ銘柄、3月16日に発表

アクセスランキングをもっと見る

page top