「ものづくり技術展示商談会inぐんま2016」が出展企業募集……環境・新エネルギー分野を優先 画像 「ものづくり技術展示商談会inぐんま2016」が出展企業募集……環境・新エネルギー分野を優先

インバウンド・地域活性

 群馬県が2016年1月19日、20日に高崎市のビエント高崎で「ものづくり技術展示商談会inぐんま2016」を開催する。これに伴って、出展するものづくり企業の募集を開始した。

 この商談会は県内のものづくり企業や、発注企業となる首都圏メーカーらが集まるイベント。今回の開催からは、従来どおりの展示・個別商談に加え、中小機構運営サイト「J-GoodTech」登録の県外企業との個別商談会も行われる。

 今年2月に開催された際には約1400名の来場者を集めた。その際の来場者の業種内訳は、「その他製造業」に分類されるものを除くと、自動車関連が16.1%でトップ。次いで商社(15.1%)、機械・精密(14.9%)となっている。

 出展募集分野はプレス・板金、金型、機械設計・製作など製造関連の各分野。今回は環境・新エネルギーについては優先募集対象となっており、特別ゾーンを設置する。

 出展料は県内企業が2万8000円程度で、小規模事業者などは2万6000円程度。申し込みは8月31日までで、群馬県工業振興課にて受け付けている。なお、募集企業110社程度のうち、10社程度は県外から募集。県外企業の出展料は3万2000円程度となる。

★毎週月曜発行★
先週公開のオススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top