東京都私学財団、タブレットなどICT機器活用に最大500万円の助成金 画像 東京都私学財団、タブレットなどICT機器活用に最大500万円の助成金

制度・ビジネスチャンス

 東京都私学財団は、タブレット端末などのICT機器を活用した教育・学習方法の改善に向けた取組みを支援するため、都内の私立学校を対象にICT機器の購入および設置費用の一部を助成する。助成対象限度額は1校あたり1,000万円、助成金上限額は500万円。

 私立学校ICT教育環境整備費助成事業は、都内に所在する私立小学校と中学校、高等学校(全日制課程および定時制課程)を対象に、教育用のタブレット端末などICT機器の購入および設置費用の一部を助成するもの。助成対象限度額は1校あたり1,000万円で、助成率は対象経費の2分の1以内(助成金上限額は500万円)。

 助成対象となるのは、パソコン本体やタブレット端末、ソフトウェア、周辺機器、ネットワーク関連機器、視聴覚関連機器、管理用危機、関連工事費。ただし、故障対応機器など予備品となるものや、プリント用紙などの消耗品、レンタル・リースに係る経費は助成対象にならない。なお、平成27年度に助成対象になる事業は、平成27年4月1日~12月末までに整備が完了するもの。

 申請は助成金交付申請書等必要書類を作成して、9月15日~10月30日(消印有効)に同財団へ提出する。交付決定は平成28年3月上旬、交付は平成28年3月下旬を予定している。

東京都私学財団、私学ICT機器費を500万まで助成

《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 知らなかった! お客さまの心をつかむ有効なPRメディアとは?

    知らなかった! お客さまの心をつかむ有効なPRメディアとは?

  2. 国交省が専門工事会社評価にキャリアアップシステムを応用、抱える技能者で判断可能に

    国交省が専門工事会社評価にキャリアアップシステムを応用、抱える技能者で判断可能に

  3. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  4. 「舗装診断士」資格、大臣認定の取得へ

  5. 空調大手4社/17年4~9月期決算/全社が増収営業増益、ビル空調受注が減少傾向

  6. 週休2日、5年で定着めざす! 日建連の働き方改革

  7. 首都高速会社、大規模更新事業インフォセンター開設/東品川の現場事務所に

  8. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  9. 10月の米の小売価格6%高、「ひとめぼれ」11%、「ななつぼし」9%

  10. 【防災という新ビジネス:4】デザインで日常使いも可能にする

アクセスランキングをもっと見る

page top