東京都私学財団、タブレットなどICT機器活用に最大500万円の助成金 画像 東京都私学財団、タブレットなどICT機器活用に最大500万円の助成金

制度・ビジネスチャンス

 東京都私学財団は、タブレット端末などのICT機器を活用した教育・学習方法の改善に向けた取組みを支援するため、都内の私立学校を対象にICT機器の購入および設置費用の一部を助成する。助成対象限度額は1校あたり1,000万円、助成金上限額は500万円。

 私立学校ICT教育環境整備費助成事業は、都内に所在する私立小学校と中学校、高等学校(全日制課程および定時制課程)を対象に、教育用のタブレット端末などICT機器の購入および設置費用の一部を助成するもの。助成対象限度額は1校あたり1,000万円で、助成率は対象経費の2分の1以内(助成金上限額は500万円)。

 助成対象となるのは、パソコン本体やタブレット端末、ソフトウェア、周辺機器、ネットワーク関連機器、視聴覚関連機器、管理用危機、関連工事費。ただし、故障対応機器など予備品となるものや、プリント用紙などの消耗品、レンタル・リースに係る経費は助成対象にならない。なお、平成27年度に助成対象になる事業は、平成27年4月1日~12月末までに整備が完了するもの。

 申請は助成金交付申請書等必要書類を作成して、9月15日~10月30日(消印有効)に同財団へ提出する。交付決定は平成28年3月上旬、交付は平成28年3月下旬を予定している。

東京都私学財団、私学ICT機器費を500万まで助成

《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

    なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  2. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

    リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  3. 絶対回収するすごい方法!

    絶対回収するすごい方法!

  4. 【中小企業の『経営論』】第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  5. 残業規制適用除外見直し、国交相が発注者の協力不可欠との考え示す

  6. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  7. 葬儀件数増も規模は縮小、葬祭ビジネス市場はどうなる?

  8. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  9. 国交省が電気通信工事の国家資格創設へ。技術検定で制度化、30年ぶりの新種目

  10. 朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

アクセスランキングをもっと見る

page top