建設業でも進む3次元CAD活用……視覚情報とシミュレーション強化 画像 建設業でも進む3次元CAD活用……視覚情報とシミュレーション強化

IT業務効率

 竹中土木は、土木分野のソフトウエア開発などを手掛けるフォーラムエイト(東京都港区、伊藤裕二社長)と共同で、ゴルフ場や宅地の造成計画・設計向けの「3次元開発設計支援システム」を開発した。CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)への展開の一環で、3次元CADデータを活用して設計者を支援するとともに、発注者や監修者とのスムーズな対話に役立てる。ゴルフ場や宅地造成、大規模発電施設(太陽光、風力)などの造成計画・設計を行う場合、従来は図面をベースに発注者や監修者と協議しながら作業を進めてきた。だがイメージを共有することが難しく、図面の修正に時間を要するなどの課題があった。
 開発したシステムは、既存の2次元図面やレーザー測量で取得したデータを基に、3次元CADデータの完成イメージをノート型パソコンやタブレット端末に表示することができる。簡単な操作でゴルフ場のバンカーや池を造成したり、指定した領域を盛り上げたりすることができ、即時に画面上に反映。関係者間の情報共有をスムーズにする。表示される情報はすべて3次元のCAD情報のため、鳥観図などさまざまな表示が可能で、紙での出力もできる。工事後の地形や景観、施工過程も容易に把握でき、地形変更に伴う土量変化も即時に算出して表示することが可能だ。ゴルフ場では、グリーン上の微妙な凹凸もメッシュ表示できめ細かく表現できる。

竹中土木ら/造成計画・設計支援システム開発/3次元表示で情報共有円滑化

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. 【動画PRの成功術:1】プロに学ぶ成功への5つのプロセス

    【動画PRの成功術:1】プロに学ぶ成功への5つのプロセス

  4. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  6. 「ラー麦女子部」が活躍中!ところで、ラー麦って何?

  7. 居住しながら施工可能な耐震補強工法の適用範囲を拡大。多様な形状に対応

  8. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  9. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  10. 防災ステーションとして使えるWi-Fi機能付き照明灯

アクセスランキングをもっと見る

page top