農林水産省、電気柵設置者へ改めて安全確保の注意喚起……西伊豆の感電事故受け点検・指導依頼 画像 農林水産省、電気柵設置者へ改めて安全確保の注意喚起……西伊豆の感電事故受け点検・指導依頼

インバウンド・地域活性

 19日に静岡県西伊豆町で鳥獣用被害防止用の電気柵による感電事故が発生したことを受け、農林水産省が改めて電気柵設置時の注意喚起をサイトに掲載した。

 電気柵の設置については、電気事業法に基づく省令が出されており、感電防止のための措置が必要とされている。19日の事故では電気柵が設置者自作のもので、義務づけられている漏電遮断装置の施設などの安全対策がなされていなかったことが事故原因のひとつになった。この事故を受け、経済産業省から農林水産省に対し、電気柵の安全措置について周知依頼が出され、各地方農政局生産部長らに再点検・改善指導とその報告依頼が行われた。

 具体的な対策としては、電気柵設置場所に危険を知らせる表示を行うこと、30V以上の電気供給を受けるものに関しては漏電遮断器を設置すること、電路に容易に電源の入り切りができるスイッチを取り付けることなどが提示されている。

 これを受け、群馬県などの地方自治体でもホームページ上で同様の注意喚起を掲載。電気用品安全法の適用を受ける電気柵用電源装置の使用を呼びかけるなど、農業関係者らに注意を呼びかけている。

★毎週月曜発行★
先週公開のオススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

  6. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  7. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  8. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  9. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  10. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

アクセスランキングをもっと見る

page top