学校施設の複合化……5つのポイント重視し効果的・効率的な施設・設備を 画像 学校施設の複合化……5つのポイント重視し効果的・効率的な施設・設備を

インバウンド・地域活性

 「学校施設の複合化にあたっては、地方公共団体の公共施設関係部局と連携し、教職員や児童生徒、保護者、地域住民などの意見を取り入れつつ、地域の実情を踏まえて実施することが大切」。7月9日、文部科学省で、学校施設の在り方に関する調査研究協力者会議「学校施設と他の公共施設との複合化検討部会(第5回)」が開かれ「学習環境の向上に資する学校施設の複合化の在り方について~学びの場を拠点とした地域の振興と再生~」(素案)がとりまとめられた。

 まず基本的な考え方については、冒頭に記した学校施設の複合化の検討を通じて「学校関係者と共に学校や地域の課題を共有し、その解決に向けて検討していくことは、質の高い学校教育環境の実現はもちろん、さらには地域コミュニティの形成、ひいては地域の振興・再生へとつながっていく」と強調。

 その上でポイントとして(1)学校教育環境の高機能化・多機能化(2)児童生徒と幼児や高齢者など多様な世代との交流(3)学びの場を拠点とした地域コミュニティの形成(4)学校活動を支える専門性のある人材の活用(5)効果的・効率的な施設設備―を挙げ、これを踏まえて実施していくことが重要と指摘する。

 施設・設備に関する(5)については「近年の厳しい財政状況の中、地方公共団体においては域内の公共施設について、老朽化対策をしつつ利用需要の変化などに応じるため、最適化を図ることが必要とされている」と現状を分析。こうした中で、学校施設についても「より効果的・効率的な施設整備の手法として、他の公共施設などとの複合化やPFI(※)の活用などを検討することも有効」としている。

 また公共施設の約4割が学校施設で、その多くは地域住民が通いやすい位置に立地。構造体としても耐震対策がなされて堅牢であることから「既存校舎や余裕教室を活用し、地域において需要のある公共施設等を整備することも、公共施設の効果的・効率的な整備という観点からも重要」と指摘する。

 ※ PFI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)=公共施設の建設・維持管理・運営を、民間の資金と経営能力・技術能力を活用して行う手法。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  4. ESRが兵庫県尼崎市に国内最大級の物流施設。延べ39万平米

  5. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  7. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  8. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  10. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top