「TPP交渉の部品関税は有難い展開に」…自工会 池会長 画像 「TPP交渉の部品関税は有難い展開に」…自工会 池会長

マネジメント

日本自動車工業会の池史彦会長は、7月23日の定例記者会見でTPP(環太平洋経済連携協定)の日米間交渉について「自工会としては政府に部品関税のお願いをしてきたが、(進捗は)相当有難いと思っている」と、述べた。

大詰めを迎えているTPP交渉では、米国が日本からの輸出部品に課している2.5%の関税を、相当数の部品で早期に撤廃する動きとなっている模様。池会長は「最終的に(撤廃は)どの程度になるかは分からない」としたものの、今後の進展に期待感を表明した。

一方で部品と同じ関税率となっている完成車については10年以上をかける長期の撤廃が観測されている。ただし、池会長は、仮に長期化しても関税率の水準から、日本車の輸出に「大きな影響はない」との見方を示した。

自工会 池会長「部品は有難い展開に」…TPP交渉

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

    東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

  3. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

    ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  4. 与党建設職人議連、技能労働者の安全確保や処遇改善で立法めざす

  5. 工事現場にもパウダールーム、鹿島が推進

  6. 2016年の消費トレンド…ペルソナより大局を、競合比較・業界の枠を捨てよ!

  7. 創業100年、まつもとコーポレーション社長・松本光雄氏に聞く

  8. 本日の新聞から:タカタ、ダイセル提携検討…エアバック問題

  9. JAPIC、林業復活・地域創生の推進を提言

  10. 外食業界最大級の展示会、東京ビッグサイトで8月に開催

アクセスランキングをもっと見る

page top