「TPP交渉の部品関税は有難い展開に」…自工会 池会長 画像 「TPP交渉の部品関税は有難い展開に」…自工会 池会長

マネジメント

日本自動車工業会の池史彦会長は、7月23日の定例記者会見でTPP(環太平洋経済連携協定)の日米間交渉について「自工会としては政府に部品関税のお願いをしてきたが、(進捗は)相当有難いと思っている」と、述べた。

大詰めを迎えているTPP交渉では、米国が日本からの輸出部品に課している2.5%の関税を、相当数の部品で早期に撤廃する動きとなっている模様。池会長は「最終的に(撤廃は)どの程度になるかは分からない」としたものの、今後の進展に期待感を表明した。

一方で部品と同じ関税率となっている完成車については10年以上をかける長期の撤廃が観測されている。ただし、池会長は、仮に長期化しても関税率の水準から、日本車の輸出に「大きな影響はない」との見方を示した。

自工会 池会長「部品は有難い展開に」…TPP交渉

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

    設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  2. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(5)】マイナンバーは目に見えない新しい社会インフラ

    【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(5)】マイナンバーは目に見えない新しい社会インフラ

  3. 国交省、外環道「東名以南」の整備具体化へ協議会設置

    国交省、外環道「東名以南」の整備具体化へ協議会設置

  4. あと約1か月、新入社員の受け入れ準備は大丈夫?

  5. セコム、地方銀行57行のマイナンバー対応支援

  6. 東海地区に22店舗、スーパー「トミダヤ」が再生支援要請……地域経済活性化支援機構が応じる

アクセスランキングをもっと見る

page top