埼玉県が在宅ワーカー活用セミナー&マッチング会開催……女性活躍の場を広げる 画像 埼玉県が在宅ワーカー活用セミナー&マッチング会開催……女性活躍の場を広げる

マネジメント

 埼玉県が女性の活躍推進を行う「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」の一環として、在宅ワーカーの支援イベントを行う。

 会場では企業向けの在宅ワーカー活用セミナーを実施。働きたいママのコミュニティサイトなどを運営するキャリア・マムの営業部部長・込戸雄太氏や、実際に在宅ワーカーを活用している県内企業・チェリービーの山口正人代表取締役から成功事例が紹介される。講演後にはアドバイザーによる個別の相談会や情報交換会も予定。中小企業などが実際に在宅ワーカーを即活用できることを目指した内容だ。

 一方、在宅ワークビジネスマッチング交流会も行われ、在宅ワーカーと在宅ワーカーに発注したい企業、さらに両者の仲介を行う企業が参加。「ビジネスマッチング活用の成功事例」をテーマにしたパネルディスカッションのほか、実際に企業と在宅ワーカーをマッチングするブースが設けられる。

 セミナーは7月24日19時から、埼玉県男女共同参画推進センターのセミナー室で開催。参加対象は在宅ワーカーに関心のある企業で、参加は無料。今後、9月8日、10月14日にも開催を予定している。

 一方、マッチング交流会は7月30日13時30分より、同じく埼玉県男女共同参画推進センターのセミナー室で開催。在宅ワーカーに感心のある企業と、女性在宅ワーカーが対象で、参加は無料。こちらは今後、9月18日を皮切りとして、2016年2月までに計6回の開催を予定している。

 ともに申し込みは受託業者のキャリア・マムが受け付けている。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

    「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

  2. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  3. 国交省、地方管理空港向け舗装維持管理手引作成、点検頻度設定や修繕施工手順解説

    国交省、地方管理空港向け舗装維持管理手引作成、点検頻度設定や修繕施工手順解説

  4. 西日暮里駅前再開発、基本計画検討業務を公募

  5. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  6. ユニクロ導入報道で注目の週休3日制度、先行企業はどう活用? セミナーも開催

  7. レクサス・マレーシア、2.0ターボ搭載の「IS200t」を発表

  8. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  9. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  10. 中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

アクセスランキングをもっと見る

page top