名古屋駅西側、特定都市再生緊急整備地域に追加指定……再開発加速 画像 名古屋駅西側、特定都市再生緊急整備地域に追加指定……再開発加速

インバウンド・地域活性

 名古屋市が要望していた名古屋駅西側約17ヘクタールの都市再生緊急整備地域と特定都市再生緊急整備地域への追加指定が認められ、24日に都市再生特別措置法の改正政令が公布される。リニア中央新幹線の具体化に伴い、名駅周辺の面的整備を促進するため、5月に国へ働き掛けていた。
 対象となるのは中村区竹橋町、則武1・2の一部。両緊急整備地域の指定により、都市計画決定、民間都市再生事業計画における特例措置、官民協議会で作成する整備計画に対する国の予算支援が受けられる。都市計画決定では、都市再生特別地区を決定することで、容積率の最高限度・建築物の高さ制限などを緩和できる。民間都市再生事業では、国土交通大臣の認定を受ければ、金融や税制面で支援される。市内ではこれまでに、名古屋駅周辺・伏見・栄地域の約385ヘクタール、名古屋市千種・鶴舞地域の約24ヘクタール、名古屋臨海地域の約145ヘクタールが都市再生緊急整備地域に指定され、このうち名古屋駅周辺・伏見・栄の約286ヘクタールが特定都市再生緊急整備地域にもなっていた。

名古屋市/名駅西側で再開発加速/特定都市再生緊急整備地域に追加指定

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  3. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  4. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 首都圏3環状開通着々、沿線地域に大きな整備効果

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 「地方ウェディング」最前線、キーワードは“地元愛”!

  9. 完全自動化レタス栽培工場、京都・けいはんな学研都市で建設開始……目標は1日3万株

  10. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

アクセスランキングをもっと見る

page top