知能化・ロボティクス・水素技術を支援する新ファンド設立……トヨタなど3社 画像 知能化・ロボティクス・水素技術を支援する新ファンド設立……トヨタなど3社

制度・ビジネスチャンス

トヨタ自動車、三井住友銀行、スパークス・グループの3社は7月22日、未来社会を開拓する技術への投資を目的とした新ファンド設立に向けた連携で合意したことを発表した。

新ファンドは、未来社会を開拓する技術開発を手掛ける企業・プロジェクトを対象に、機動的に資金を投入し、イノベーションの促進と、それに基づく次世代社会の実現を目指していく。具体的には「知能化技術」、「ロボティクス」、「水素社会実現に資する技術」の3分野を想定している。

新ファンドの設立により、トヨタは新技術や市場動向等の広範な情報をタイムリーに入手し、事業戦略に活用するとともに、革新技術を有する企業の成長・事業化を支援。三井住友銀行は、社会的意義の高いファンドを通じて、将来の有望企業の発掘と育成に努めていき、スパークスは、投資会社として未来を創造する新領域の開拓を目指す。

今後3社は、出資規模・その他の出資者・投資対象などの詳細な検討を進め、今年秋ごろのファンド設立を目指していく予定だ。

トヨタなど3社、未来社会を開拓する技術を支援する新ファンドを設立

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【解決!社長の悩み相談センター】第22回:「息子」か「片腕」か…後継者選びで考えること

    【解決!社長の悩み相談センター】第22回:「息子」か「片腕」か…後継者選びで考えること

  2. 生鮮品宅配に異業種続々! 外食チェーン、家電量販が参入

    生鮮品宅配に異業種続々! 外食チェーン、家電量販が参入

  3. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

    日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  4. 佐賀県でカーシェアリング「タイムズカープラス」開始/初の全都道府県展開

  5. 国産小麦が用途を拡大、麺用→菓子向けにして成功!

  6. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  7. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  8. インドネシアは第8位の出資額――AIIB設立協定書に署名

  9. 西新宿五丁目再開発、160メートルのビルやコミュニティー広場も

  10. JFEエンジニアリング、再生可能エネルギー発電の拡大めざす

アクセスランキングをもっと見る

page top