知能化・ロボティクス・水素技術を支援する新ファンド設立……トヨタなど3社 画像 知能化・ロボティクス・水素技術を支援する新ファンド設立……トヨタなど3社

制度・ビジネスチャンス

トヨタ自動車、三井住友銀行、スパークス・グループの3社は7月22日、未来社会を開拓する技術への投資を目的とした新ファンド設立に向けた連携で合意したことを発表した。

新ファンドは、未来社会を開拓する技術開発を手掛ける企業・プロジェクトを対象に、機動的に資金を投入し、イノベーションの促進と、それに基づく次世代社会の実現を目指していく。具体的には「知能化技術」、「ロボティクス」、「水素社会実現に資する技術」の3分野を想定している。

新ファンドの設立により、トヨタは新技術や市場動向等の広範な情報をタイムリーに入手し、事業戦略に活用するとともに、革新技術を有する企業の成長・事業化を支援。三井住友銀行は、社会的意義の高いファンドを通じて、将来の有望企業の発掘と育成に努めていき、スパークスは、投資会社として未来を創造する新領域の開拓を目指す。

今後3社は、出資規模・その他の出資者・投資対象などの詳細な検討を進め、今年秋ごろのファンド設立を目指していく予定だ。

トヨタなど3社、未来社会を開拓する技術を支援する新ファンドを設立

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【健康経営が生む新ビジネス:3】オフィス訪問の野菜販売が好調!

    【健康経営が生む新ビジネス:3】オフィス訪問の野菜販売が好調!

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

    国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

  4. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  5. 「国家戦略特区」その後。ドローン、民泊、外国人就労・・・合格点は?

  6. 羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

  7. 【解決!社長の悩み相談センター】第22回:「息子」か「片腕」か…後継者選びで考えること

  8. 元請・下請の施工体制上の役割・責任の明確化へ

  9. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  10. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

アクセスランキングをもっと見る

page top