「ぐんけん見張るくん」が活躍…群馬県みなかみ町の大雨災害 画像 「ぐんけん見張るくん」が活躍…群馬県みなかみ町の大雨災害

IT業務効率

 20日、1時間に約100ミリという記録的な大雨に見舞われた群馬県みなかみ町。道路復旧などに当たった群馬県建設業協会(青柳剛会長)の会員会社が、協会が運営する災害情報共有システム「ぐんケン見張るくん」を通じて対応状況をリアルタイムで発信した。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のツイッターに道路をふさいだ土砂の撤去や土のうの設置などの作業状況を順次投稿。休日返上で地域の安全・安心に貢献する様子が伝えられた。みなかみ町の清滝建設(清瀧明則社長)は、同日午後3時ごろに雨が降り始めたのを受け、「休暇中の職員15人を集め、国道、県道、町道の被害状況などを確認しながら、土砂でふさがれた箇所の復旧に当たった」(清瀧社長)という。
 ぐんケン見張るくんは、県内各地にいる会員から災害発生時などに送られてくる報告をシステムに蓄積し、国、県、市町村などと情報を共有。蓄積した情報の中から、ツイッターを通じて一般市民向けにも情報を提供する。現地からの正確な情報を伝えることで、地域住民に安心感を与えることに役立てる。今回も、清滝建設が土砂崩落で道路が不通となった状況やその後の対応状況を写真と短文で発信。復旧完了までの経過を伝えた。地域の建設会社が発信源となった情報は、それを見た人が再投稿する形で拡散していった。青柳会長は「SNSならではのメリット。建設会社の役割を発信することができた」と評価している。

群馬建協/大雨災害復旧で「ぐんけん見張るくん」活躍/作業状況をSNSで発信

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 台湾E-LEADがHUD式カーナビを国内市場に投入

    台湾E-LEADがHUD式カーナビを国内市場に投入

  2. アウディ、バーチャルリアリティ体験をディーラーに導入開始

    アウディ、バーチャルリアリティ体験をディーラーに導入開始

  3. レーダー、マイク、カメラでドローンを検知…セコムの新システム

    レーダー、マイク、カメラでドローンを検知…セコムの新システム

  4. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  5. 大成ロテックらが連続設置構造物向けの測量ソフト開発、丁張りなしで現場作業可能に

  6. 【VRと中小企業:3】不動産の成約率を変えたVRプレゼン力

  7. 【新価値創造展16】羽生市の体操着メーカー、水をはじく生地を開発…編み方に秘密

  8. IoTに対応した半導体ひずみセンサー――日立・日立オートモーティブが開発

  9. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  10. ドコモ、新潟市のドローン実証プロジェクト、今後はセルラードローンにも注力

アクセスランキングをもっと見る

page top