豊田通商中国が現地特殊鋼鋼板メーカーに資本参加 画像 豊田通商中国が現地特殊鋼鋼板メーカーに資本参加

インバウンド・地域活性

豊田通商は、中国子会社の豊田通商(中国)が中国の特殊鋼鋼板製造会社である常熟宝升精冲材料に資本参加することで合意したと発表した。

豊田通商では、中国の自動車用特殊鋼鋼板の需要拡大と、日系や欧米系自動車部品メーカーの現地調達ニーズに対応するため、常熟宝升の発行済株式の5%を取得する。

中国は、世界最大の自動車市場で、同国の自動車生産台数は2020年に3000万台に増えると予測されている。今回、豊田通商が資本参加する常熟宝升がある華東地区は、自動車部品産業が集積しており、自動車部品向けに耐久性の高い特殊鋼鋼板の需要拡大が見込まれている。

常熟宝升は、上海宝鋼国際経済貿易が筆頭株主で特殊鋼鋼板の生産能力が年間10万トン。

豊田通商、中国の特殊鋼鋼板メーカーに資本参加

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】大人の女性の本当の声を届けたい……COAKI

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】大人の女性の本当の声を届けたい……COAKI

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 既存の不適格超高層ビル、増改築の規制緩和へ…来年6月から

    既存の不適格超高層ビル、増改築の規制緩和へ…来年6月から

  4. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】ガールズコレクションで大人気の豆腐!…相模屋食料(2)

  6. 首都圏Look at/千葉県臨海部でホテル開発加速、観光振興の追い風受け

  7. JR石巻駅前整備事業、12階建ての複合ビルと地下に免震装置

  8. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  9. 三田三・四丁目地区の再開発、景観向上やヒートアイランド現象の緩和も

  10. パルコが5カ年経営計画、総額668億円でスクラップアンドビルド

アクセスランキングをもっと見る

page top