豊田通商中国が現地特殊鋼鋼板メーカーに資本参加 画像 豊田通商中国が現地特殊鋼鋼板メーカーに資本参加

インバウンド・地域活性

豊田通商は、中国子会社の豊田通商(中国)が中国の特殊鋼鋼板製造会社である常熟宝升精冲材料に資本参加することで合意したと発表した。

豊田通商では、中国の自動車用特殊鋼鋼板の需要拡大と、日系や欧米系自動車部品メーカーの現地調達ニーズに対応するため、常熟宝升の発行済株式の5%を取得する。

中国は、世界最大の自動車市場で、同国の自動車生産台数は2020年に3000万台に増えると予測されている。今回、豊田通商が資本参加する常熟宝升がある華東地区は、自動車部品産業が集積しており、自動車部品向けに耐久性の高い特殊鋼鋼板の需要拡大が見込まれている。

常熟宝升は、上海宝鋼国際経済貿易が筆頭株主で特殊鋼鋼板の生産能力が年間10万トン。

豊田通商、中国の特殊鋼鋼板メーカーに資本参加

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 富裕層インバウンドの法則その4

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. JR京葉線の海浜幕張~新習志野間に新駅。上下2階層の線路間ホーム

  8. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  9. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top