新国立競技場建設はオールジャパン体制で……自民部会 画像 新国立競技場建設はオールジャパン体制で……自民部会

マネジメント

 2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場の建設計画をめぐり、施工者として多くのゼネコンが参画できるようにするべきだとの意見が自民党内で浮上している。22日に内閣部会(秋元司部会長)と文部科学部会(冨岡勉部会長)の合同会議が党本部で開かれ、会議後の記者会見で秋元部会長は、施工者の再選定について、建設業者の「オールジャパン体制」を構築する必要があるとの認識を示した。業者間の競争で建設費の抑制や工期短縮につなげる狙いがある。
 会議では、施工者の再選定をめぐり、出席議員から「建設費の抑制や工事のスピードを加速させる必要がある。施工業者を1社だけに選定するのではなく、すべてのゼネコンが入れるような(建設業の)オールジャパン体制にしてはどうか」との提案が出たという。「建設費を当初想定していた1300億円を基本にさらに削減すべきだ」との意見や、工期を順守できるよう建築確認や都市計画手続きを短縮する特例措置の実施を提案する意見も出た。

自民部会/新国立競技場建設、多くのゼネコン参画を/施工者再選定で意見浮上

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. リストバンドで現場作業員の体調管理 清水建設と東芝が開発へ

    リストバンドで現場作業員の体調管理 清水建設と東芝が開発へ

  2. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  3. ブラックに注目しない、次世代に残すべきホワイト企業を表彰

    ブラックに注目しない、次世代に残すべきホワイト企業を表彰

  4. ミャンマーで最低賃金紛争――縫製業者協会、経営者側と対立

  5. 乳業大手3社の第1四半期決算は営業益が大幅増!値上げもヨーグルト好調

  6. 日立建機、後方超小旋回型ミニショベルをモデルチェンジ…排ガス規制に対応

  7. 国交省土地・建設産業局長「業界の将来、環境変化で機運高まる」

  8. 香川県高松市、仏生山町の新病院施設計画を見直し

  9. 16年度建設投資、当初予算案反映し上方修正で0.4%減へ

  10. 建設の社保加入率、企業単位では95.6%に…全地域で9割超え

アクセスランキングをもっと見る

page top