新国立競技場建設はオールジャパン体制で……自民部会 画像 新国立競技場建設はオールジャパン体制で……自民部会

マネジメント

 2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場の建設計画をめぐり、施工者として多くのゼネコンが参画できるようにするべきだとの意見が自民党内で浮上している。22日に内閣部会(秋元司部会長)と文部科学部会(冨岡勉部会長)の合同会議が党本部で開かれ、会議後の記者会見で秋元部会長は、施工者の再選定について、建設業者の「オールジャパン体制」を構築する必要があるとの認識を示した。業者間の競争で建設費の抑制や工期短縮につなげる狙いがある。
 会議では、施工者の再選定をめぐり、出席議員から「建設費の抑制や工事のスピードを加速させる必要がある。施工業者を1社だけに選定するのではなく、すべてのゼネコンが入れるような(建設業の)オールジャパン体制にしてはどうか」との提案が出たという。「建設費を当初想定していた1300億円を基本にさらに削減すべきだ」との意見や、工期を順守できるよう建築確認や都市計画手続きを短縮する特例措置の実施を提案する意見も出た。

自民部会/新国立競技場建設、多くのゼネコン参画を/施工者再選定で意見浮上

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

    コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  2. 野村不HD、新中期計画で複合開発や大規模開発へ注力

    野村不HD、新中期計画で複合開発や大規模開発へ注力

  3. 「予約忘れ」も理由の8.9%――店舗を悩ませる「予約キャンセル」の調査結果発表

    「予約忘れ」も理由の8.9%――店舗を悩ませる「予約キャンセル」の調査結果発表

  4. 愛媛県がUIJターン支援、県外からの人材雇用に最長3か月間給料など助成

  5. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  6. 本日から中小企業への資金繰り支援を強化! 中企庁

  7. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

  8. もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に

  9. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  10. 事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

アクセスランキングをもっと見る

page top