「雨」「風」「熱中症」など警戒情報も発信――「花火大会可否判断支援サービス」の申込開始 画像 「雨」「風」「熱中症」など警戒情報も発信――「花火大会可否判断支援サービス」の申込開始

マネジメント

 花火大会の主催者に向けて、大会の開催可否の判断に不可欠な「気象要素」、及び来場者の安全確保に関わる警戒情報を発信する「花火大会可否判断支援サービス」の申込を、株式会社ウェザーニューズ(千葉市美浜区)が開始した。

 日本全国で開催される花火大会の主催者がターゲットとなる同サービス。会場の気象情報に加え、「雨」「風」「熱中症」「雷」「波高」の警戒情報を「通常・注意・警戒」の三段階に分類。大会前日には3時間ごと、大会当日は午前9時以降は1時間ごとに発表する。

 これまでもウェザーニューズでは「花火天気Ch.」として、一般利用者向けに花火大会の気象情報を提供してきた。近年では突然の雷雨による花火大会の中断や延期が相次いでおり、大会主催者の的確な実施・中止の判断と、来場者への事前周知に対するニーズがサービス開始の背景にあるようだ。

 また、同サービスは大会主催者の要望する時刻に合わせて気象・警戒情報を発信するため、主催者は最適なタイミングで開催可否を検討できる。これによって、開催が危険であると判断した場合は、中止や延期の情報を即座に発表することが可能になるとのことだ。

 昨シーズンは「東京湾大華火祭」「隅田川花火大会」「びわ湖大花火大会」等、30大会が採用したという花火大会主催者向けの情報発信サービス。夏の風物詩として地域内外から多数の人が訪れる催しだけに、気象情報には大きなニーズがありそうだ。

★毎週月曜発行★
先週公開のオススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【中小企業の『経営論』】第11回:中小企業による海外販路開拓(1):なぜ必要か?

    【中小企業の『経営論』】第11回:中小企業による海外販路開拓(1):なぜ必要か?

  2. 竹中工務店、液状化対策工法の設計法で一般評定を取得

    竹中工務店、液状化対策工法の設計法で一般評定を取得

  3. 新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

    新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

  4. 国交省、仙台空港運営権のコンセッション実施契約を締結

  5. コベルコ建機社長に神戸製鋼所代表取締役副社長・楢木一秀氏

  6. 国交省の「戦略的インフラマネジメント」のパネル展 10月末まで開催

  7. 大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

  8. 国交省、類似実績を参考に工期設定

  9. 常時監視の顔認証でなりすましを防ぐ、NECのマイナンバーソリューション

  10. 仕入れし過ぎた! 在庫が減らない!……困ったときの在庫買取

アクセスランキングをもっと見る

page top