「雨」「風」「熱中症」など警戒情報も発信――「花火大会可否判断支援サービス」の申込開始 画像 「雨」「風」「熱中症」など警戒情報も発信――「花火大会可否判断支援サービス」の申込開始

マネジメント

 花火大会の主催者に向けて、大会の開催可否の判断に不可欠な「気象要素」、及び来場者の安全確保に関わる警戒情報を発信する「花火大会可否判断支援サービス」の申込を、株式会社ウェザーニューズ(千葉市美浜区)が開始した。

 日本全国で開催される花火大会の主催者がターゲットとなる同サービス。会場の気象情報に加え、「雨」「風」「熱中症」「雷」「波高」の警戒情報を「通常・注意・警戒」の三段階に分類。大会前日には3時間ごと、大会当日は午前9時以降は1時間ごとに発表する。

 これまでもウェザーニューズでは「花火天気Ch.」として、一般利用者向けに花火大会の気象情報を提供してきた。近年では突然の雷雨による花火大会の中断や延期が相次いでおり、大会主催者の的確な実施・中止の判断と、来場者への事前周知に対するニーズがサービス開始の背景にあるようだ。

 また、同サービスは大会主催者の要望する時刻に合わせて気象・警戒情報を発信するため、主催者は最適なタイミングで開催可否を検討できる。これによって、開催が危険であると判断した場合は、中止や延期の情報を即座に発表することが可能になるとのことだ。

 昨シーズンは「東京湾大華火祭」「隅田川花火大会」「びわ湖大花火大会」等、30大会が採用したという花火大会主催者向けの情報発信サービス。夏の風物詩として地域内外から多数の人が訪れる催しだけに、気象情報には大きなニーズがありそうだ。

★毎週月曜発行★
先週公開のオススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

    飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

  2. 暫定2車線の「高速道路4車線化」を促進

    暫定2車線の「高速道路4車線化」を促進

  3. 中小企業数、減少傾向ながらペースはゆるやかに

    中小企業数、減少傾向ながらペースはゆるやかに

  4. 道路舗装上場大手6社、15年4~12月期決算で全社増益、需要低調

  5. 無料POSレジアプリ「Airレジ」がクレカ対応

  6. もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に

  7. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  8. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  9. 本日の新聞から:新日鉄住金が日新製鋼を完全子会社化へ

  10. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

アクセスランキングをもっと見る

page top