「雨」「風」「熱中症」など警戒情報も発信――「花火大会可否判断支援サービス」の申込開始 画像 「雨」「風」「熱中症」など警戒情報も発信――「花火大会可否判断支援サービス」の申込開始

マネジメント

 花火大会の主催者に向けて、大会の開催可否の判断に不可欠な「気象要素」、及び来場者の安全確保に関わる警戒情報を発信する「花火大会可否判断支援サービス」の申込を、株式会社ウェザーニューズ(千葉市美浜区)が開始した。

 日本全国で開催される花火大会の主催者がターゲットとなる同サービス。会場の気象情報に加え、「雨」「風」「熱中症」「雷」「波高」の警戒情報を「通常・注意・警戒」の三段階に分類。大会前日には3時間ごと、大会当日は午前9時以降は1時間ごとに発表する。

 これまでもウェザーニューズでは「花火天気Ch.」として、一般利用者向けに花火大会の気象情報を提供してきた。近年では突然の雷雨による花火大会の中断や延期が相次いでおり、大会主催者の的確な実施・中止の判断と、来場者への事前周知に対するニーズがサービス開始の背景にあるようだ。

 また、同サービスは大会主催者の要望する時刻に合わせて気象・警戒情報を発信するため、主催者は最適なタイミングで開催可否を検討できる。これによって、開催が危険であると判断した場合は、中止や延期の情報を即座に発表することが可能になるとのことだ。

 昨シーズンは「東京湾大華火祭」「隅田川花火大会」「びわ湖大花火大会」等、30大会が採用したという花火大会主催者向けの情報発信サービス。夏の風物詩として地域内外から多数の人が訪れる催しだけに、気象情報には大きなニーズがありそうだ。

★毎週月曜発行★
先週公開のオススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 物流デベロッパー・トップの視点(6):レッドウッドグループ、時間かけ川上から土地情報把握

    物流デベロッパー・トップの視点(6):レッドウッドグループ、時間かけ川上から土地情報把握

  2. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  3. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  4. 西松建設と岩野物産、トンネル覆工コンクリートの養生工法で「給水タイプ」実用化

  5. 自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

  6. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  7. 不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

  8. 国が認める中小企業経営の相談相手が増えています!

  9. 建設コンサルがM&A加速! 勝ち残りへ事業多角化

  10. 「中小企業の《経営論》」第15回:中小企業による海外販路開拓(3)…代理店とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top