「雨」「風」「熱中症」など警戒情報も発信――「花火大会可否判断支援サービス」の申込開始 画像 「雨」「風」「熱中症」など警戒情報も発信――「花火大会可否判断支援サービス」の申込開始

マネジメント

 花火大会の主催者に向けて、大会の開催可否の判断に不可欠な「気象要素」、及び来場者の安全確保に関わる警戒情報を発信する「花火大会可否判断支援サービス」の申込を、株式会社ウェザーニューズ(千葉市美浜区)が開始した。

 日本全国で開催される花火大会の主催者がターゲットとなる同サービス。会場の気象情報に加え、「雨」「風」「熱中症」「雷」「波高」の警戒情報を「通常・注意・警戒」の三段階に分類。大会前日には3時間ごと、大会当日は午前9時以降は1時間ごとに発表する。

 これまでもウェザーニューズでは「花火天気Ch.」として、一般利用者向けに花火大会の気象情報を提供してきた。近年では突然の雷雨による花火大会の中断や延期が相次いでおり、大会主催者の的確な実施・中止の判断と、来場者への事前周知に対するニーズがサービス開始の背景にあるようだ。

 また、同サービスは大会主催者の要望する時刻に合わせて気象・警戒情報を発信するため、主催者は最適なタイミングで開催可否を検討できる。これによって、開催が危険であると判断した場合は、中止や延期の情報を即座に発表することが可能になるとのことだ。

 昨シーズンは「東京湾大華火祭」「隅田川花火大会」「びわ湖大花火大会」等、30大会が採用したという花火大会主催者向けの情報発信サービス。夏の風物詩として地域内外から多数の人が訪れる催しだけに、気象情報には大きなニーズがありそうだ。

★毎週月曜発行★
先週公開のオススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 東京都が「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」の実施方針を公表

    東京都が「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」の実施方針を公表

  2. オートバックス楽天市場店、購入品を店舗受け取り可能に、取り付けも

    オートバックス楽天市場店、購入品を店舗受け取り可能に、取り付けも

  3. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

    栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  4. 【回転窓】海外事業でのシーズとニーズ

  5. 日本構造エンジニアリング、ベトナムの技術系人材に日系企業への就職を支援

  6. 【回転窓】山の再生に必要なのは

  7. トヨタ紡織の通期決算は営業益12.4%増

  8. 日系企業はいかに米経済に貢献しているか…自工会「Investing in America」

  9. 従業員の不祥事、どう防ぐか、対応するか――企業向け「コンプライアンス事件簿 マナー編」

  10. サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

アクセスランキングをもっと見る

page top