「雨」「風」「熱中症」など警戒情報も発信――「花火大会可否判断支援サービス」の申込開始 画像 「雨」「風」「熱中症」など警戒情報も発信――「花火大会可否判断支援サービス」の申込開始

マネジメント

 花火大会の主催者に向けて、大会の開催可否の判断に不可欠な「気象要素」、及び来場者の安全確保に関わる警戒情報を発信する「花火大会可否判断支援サービス」の申込を、株式会社ウェザーニューズ(千葉市美浜区)が開始した。

 日本全国で開催される花火大会の主催者がターゲットとなる同サービス。会場の気象情報に加え、「雨」「風」「熱中症」「雷」「波高」の警戒情報を「通常・注意・警戒」の三段階に分類。大会前日には3時間ごと、大会当日は午前9時以降は1時間ごとに発表する。

 これまでもウェザーニューズでは「花火天気Ch.」として、一般利用者向けに花火大会の気象情報を提供してきた。近年では突然の雷雨による花火大会の中断や延期が相次いでおり、大会主催者の的確な実施・中止の判断と、来場者への事前周知に対するニーズがサービス開始の背景にあるようだ。

 また、同サービスは大会主催者の要望する時刻に合わせて気象・警戒情報を発信するため、主催者は最適なタイミングで開催可否を検討できる。これによって、開催が危険であると判断した場合は、中止や延期の情報を即座に発表することが可能になるとのことだ。

 昨シーズンは「東京湾大華火祭」「隅田川花火大会」「びわ湖大花火大会」等、30大会が採用したという花火大会主催者向けの情報発信サービス。夏の風物詩として地域内外から多数の人が訪れる催しだけに、気象情報には大きなニーズがありそうだ。

★毎週月曜発行★
先週公開のオススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査

    中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査

  2. 本日の新聞から:米で高級日本車人気、NSX 新型1号車は1億4500万円

    本日の新聞から:米で高級日本車人気、NSX 新型1号車は1億4500万円

  3. ネット通販の拡大で「2020年までに物流不動産に対する新規需要が『年間約15万坪』発生する」との予測

    ネット通販の拡大で「2020年までに物流不動産に対する新規需要が『年間約15万坪』発生する」との予測

  4. 女性が働きやすい職場、管理職の意識改革――静岡市がアドバイザーを無料派遣

  5. 麻生セメント新社長に麻生巖取締役昇格、16年1月1日就任

  6. 支援受けた創業者の64事例、中小企業庁がまとめる

  7. 中小ものづくりを後押し、東商が産学公連携の橋渡しで実績

  8. これから始めるマイナンバー対策:身の丈にあったソリューション選びのコツ

  9. 中小の製造業・サービス業へのロボット導入補助、1次公募の採択決定!2次公募も開始

  10. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

アクセスランキングをもっと見る

page top