~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」 画像 ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

インバウンド・地域活性

 三重県の町工場が生み出した鉄鋳物の「魔法のフライパン」が人気だ。価格は8000円(外径24cm)~1万2000円(同28cm)。フライパンとしては高いにもかかわらず、現在30か月待ちと、注文が殺到している。これほどヒットしている理由を、仕掛け人である錦見鋳造株式会社の錦見泰郎社長に聞いた。

■3倍難しいことをやれるかどうか
 錦見氏が魔法のフライパンづくりの第一歩を踏み出したのは1992年のこと。錦見鋳造は錦見氏の父親が経営する小さな鋳物屋だった。当時職人は5人で、錦見氏は専務兼職人として、メーカーから仕事をもらって会社を回していた。自動車のエギゾーストマニホールドなどの部品を当時は主に作っていた。

 バブルが崩壊した当時、メーカーからの要求は厳しくなる一方だった。「値下げをしてくれ。嫌ならやめてもいい。代わりならいくらでもいる」。何度となくそんな言葉を浴びせられたという。

 そんなころ、ある新聞記事が目にとまった。”どんな業界でも生き抜くためには、価格競争ならば他社より3分の1安くするか、技術競争ならば他社より3倍難しいことをやれるかどうか”。「これだ! と思いました。価格競争はキリがない。それならうちは他社よりも3倍難しいことをしよう、と」。このときから錦見氏の自社製品づくりがはじまった。


■重さという「弱点」を克服
 これまで培ってきた技術を活かせる鉄鋳物の製品で、かつ、多くの人に使ってもらえるものを自社製品にしよう。そこで、食事に関係するものがいいと考えた。鉄鋳物でフライパンを作ってみようと気がついたのだ。

 鉄鋳物には一般的な鉄には含まれない炭素が含まれる。製造過程で、鉄と炭素の境界(すきま)。この穴に油を馴染ませることで、焦げ付きにくいフライパンが作れる。また遠赤外線効果によって、素材の中までしっかりと火が通る。テフロンなどのコーティング加工が施されたアルミ製フライパンは軽いが、焦げ付きにくくするコーティングの寿命はおよそ1年と短く、頻繁に買い替えが必要になる。その点、鉄鋳物のフライパンは長持ちだ。
《DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

    日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  3. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  7. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  8. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  9. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  10. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

アクセスランキングをもっと見る

page top