「北陸地域の経済は、緩やかに改善」……電力・ガス事業北陸支局が経済動向概要を発表 画像 「北陸地域の経済は、緩やかに改善」……電力・ガス事業北陸支局が経済動向概要を発表

マネジメント

 経済産業省 中部経済産業局 電力・ガス事業北陸支局が、5月における指標を中心とした「北陸地域の総合経済動向の概要」を公開。総括判断は6か月連続で横ばいのものの、「北陸地域の経済は、緩やかに改善している」と発表した。

 これは、富山県、石川県、福井県における経済動向をまとめたもの。詳細を見てみると、大型小売店販売額(速報値・既存店ベース)は前年同月比で5.7%増と、2か月連続で前年を上回った。これは、昨年の消費増税にともなう売り上げ減からの反動や、気温の上昇にともなう夏物の好調な売れ行き、農畜産物の相場高などが影響しているとされている。

 その他、温泉地宿泊客数も前年同月比で26.7%増を記録。民間設備投資計画も、前年度比で46.1%増となった。新設住宅着工戸数についても、分譲は前年を下回ったものの、全体では3.4%増となっている。企業倒産件数も18件と、前年同月比で35.7%減少した。

 一方で、新規求人数は前年同月比で3.2%減少。鉱工業生産指数(速報値・季節調整済み)は119.6で、前月比で1.5%減と2か月ぶりに低下した。総需要電力量も前年同月比で0.9%減となり、中でも産業用の大口総需要電力量は0.6%減と3か月ぶりに前年を下回ったが、これについては持ち直しの動きが見られるとしている。

★毎週月曜発行★
先週公開のオススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

    国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  2. 女性活躍に力を入れる企業像……約300社の分析データから判明

    女性活躍に力を入れる企業像……約300社の分析データから判明

  3. 働きがいのある会社、大規模ではマイクロソフト、小規模では?

    働きがいのある会社、大規模ではマイクロソフト、小規模では?

  4. 国交省、「公共工事品確法」相談窓口の対応状況まとめる

  5. 【訃報】山田綜合設計、星野会長死去…人・環境に優しい建築づくり目指す

  6. 日本建築士事務所協会連合会、大内達史会長が2期目へ

  7. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  8. スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

  9. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  10. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

アクセスランキングをもっと見る

page top