画像認識技術で害虫を瞬時に識別する技術研究……北大長谷山研究室ら 画像 画像認識技術で害虫を瞬時に識別する技術研究……北大長谷山研究室ら

IT業務効率

 NECソリューションイノベータは21日、北海道大学情報科学研究科メディアダイナミクス研究室(長谷山美紀教授、以下長谷山研究室)と共同で「画像認識による虫画像の同定を支援する技術」に関する研究をこの7月から開始することを発表した。研究期間は2016年3月まで。

 環境の保全や食品の安全性に対する関心の高まりから、昨今では病害虫の種類に合わせて農薬の使用量を最小限にするなど、人の健康と環境へのリスクを軽減する適切な方法で病害虫を防除し、農作物被害を防ぐことが農業従事者に求められている。

 しかしながら、日本において「害虫」とされる昆虫は約2,000種にのぼる。そのうえ外見が似ている病害虫も多いため、生産者が即時に種類を特定することは難しい。

 こうした課題を解決するため、NECソリューションイノベータと長谷山研究室は、同研究室が世界に先駆けてはじめた発想支援型の画像検索研究による知見や画像認識特許技術を活かし、さまざまな虫画像を集めたデータベースと特定の虫の画像を照合して類似するものを検索する技術を共同で開発する。

 本研究の成果を踏まえ、スマートフォン等で撮影した虫画像から虫の種類を同定するためのシステムを開発することで、病害虫の適切な防除を支援し、安心・安全な農作物の生産、生産性の向上に貢献することを目指すという。

画像認識技術で害虫を瞬時に識別する……農業従事者向けに技術研究を開始

《小菅》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  2. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

    ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  3. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. 西松建設がインフラ監視クラウドシステム開発、省電力LPWAとIoT活用

  5. 【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

  6. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

  7. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  8. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

  9. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  10. 首都高速会社が自動運転支援で異業種連携。3Dデータ×GISでインフラを点検

アクセスランキングをもっと見る

page top