岩手県吉浜道路開通プレイベント……東北整備局南三陸国道ら 画像 岩手県吉浜道路開通プレイベント……東北整備局南三陸国道ら

インバウンド・地域活性

 本年度末の供用開始に向け工事が終盤に入った三陸沿岸道路・吉浜道路(岩手県大船渡市)を1日だけ「遊園地」にする開通プレイベントが、25日に開かれる。東北地方整備局南三陸国道事務所が主催し、大船渡市と、吉浜道路の建設に当たる工事連絡協議会が共催する「吉浜道路見学会」で、完成した吉浜高架橋、舗装工事終盤の吉浜トンネル、5月に連結した越喜来高架橋の延長2・9キロ区間を会場に仕立て、さまざまなアトラクションを通じてより多くの人に吉浜道路への理解を深めてもらう。
 イベントでは吉浜高架橋から大型紙飛行機を飛ばしたり、越喜来高架橋を人力車や自転車で通行したりすることができるほか、吉浜トンネル内にはプラネタリウムが出現、さらに肝試しエリアも設けられる。震災以前の国道45号の記録映像鑑賞や測量機器体験、路上での落書き大会も予定されている。時間は午前10時から午後3時まで。一般来場は自由で、吉浜側、越喜来側双方に車両用案内板と出入り口、駐車場が設けられる。子どもの参加には父兄の同行が必要。また来場者はイベント保険に加入するための記名が必要となる。吉浜道路が復興道路として開通後は二度と体験できないイベントだけに、「吉浜遊園地」は高架橋やトンネルを楽しむ貴重なチャンスとなる。

東北整備局南三陸国道ら/7月25日に吉浜道路開通プレイベント

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

    【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  3. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

    越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  4. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  5. 「さんふらわあ」新造船2隻が就航---半分が個室

  6. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  7. イメージは「球磨地方の森」…JR九州の新観光列車、2017年夏頃から運行

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 「社会的行為」から「個人的体験」へ。変化を迫られる観光

アクセスランキングをもっと見る

page top