キャタピラージャパン、オフロード法クリア新型ブルドーザーを発売 画像 キャタピラージャパン、オフロード法クリア新型ブルドーザーを発売

IT業務効率

キャタピラージャパンは、フロード法2014年基準をクリアする環境性能を備えた『Cat D7E ブルドーザ』(運転質量 乾地車2万8050kg/湿地車2万8400kg)を21日より発売した。

同車は、ディーゼルエンジンで発電機を駆動し、発電した電気をパワーインバータ等の制御装置で制御のうえ、走行モータに供給し駆動させる「ディーゼルエレクトリックドライブシステム」を採用することで、卓越した作業効率と押し土性能を発揮し、生産性と燃料効率を飛躍的に向上している。

また、一定時間アイドリング状態が続くと自動的にエンジンを停止させ、燃費・CO2排出量を低減する。さらに、新たにトラクションコントロールシステムを標準装備。これにより、トラックスリップを低減し、生産性の改善や足回り部品の摩耗軽減を実現する。

そのほか、ブレードに搭載したセンサにより、整地中の車体の姿勢に応じてブレード位置を上下させ、レベルが一定になるように自動調整をするステーブルブレードを標準装備。オペレータのブレード操作を補助し、より少ない労力での整地作業に貢献する。

価格は、乾地車が5727万円、湿地車が5821万円。

キャタピラージャパン、新型ブルドーザーを発売…作業性能、環境性能など向上

《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付けがサイト集客増に!

    【AIで変わる経営:1】分析による裏付けがサイト集客増に!

  3. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. ■ニュース深堀り!■集客に成功するSNSの正しい使い方

  5. 【スマート林業:4】誰にでも開かれた「材木屋」

  6. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  7. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  8. 進むIoT化! 日清食品がIoTを活用した新工場建設を発表

  9. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  10. 教育ICT市場、2020年には2,403億円規模……富士キメラ総研

アクセスランキングをもっと見る

page top