訪日外国人向け売上高伸率は過去最高300%超増!インバウンドが百貨店売上に貢献 画像 訪日外国人向け売上高伸率は過去最高300%超増!インバウンドが百貨店売上に貢献

インバウンド・地域活性

 日本百貨店協会は21日、全国百貨店売上高概況の6月分を公表。売上高は総額で4879億円余で、前年同月比は0.4%(店舗数調整後)となり、3カ月連続のプラス成長だった。

 しかし、各都市を比較した場合には、好不調が明確に分かれる結果となった。仙台、東京、大阪の3都市は3カ月連続プラスとなったものの、札幌、横浜、名古屋、京都、神戸、広島、福岡といった他の7都市は3カ月ぶりのマイナスとなっている。

 また、これら10都市以外の地区についても、北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州のいずれも3カ月連続のマイナスとなっている。どうやら百貨店で好調なのは、仙台、東京、大阪に限定された傾向にあるようだ。

 訪日外国人の売上高は、6月20~22日に中国で端午節による大型連休があったことで、家族連れの来日が増加。また、ASEAN諸国からの来店客も好調だったため、購買客数は前年同月比276.5%増。売上高伸率も5月に続き、過去最高を更新する307.1%増を記録した。

★毎週月曜発行★
先週公開のオススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  3. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  8. ノーベル賞の晩さん会で注目! 高級食材としてのウズラ肉に注目!

  9. 「みかんブリ」で地域活性!宇和島プロジェクトの秘策

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top