東畑建築事務所、大阪・東京事務所を一体運営 画像 東畑建築事務所、大阪・東京事務所を一体運営

インバウンド・地域活性

 東畑建築事務所(香西喜八郎社長)は17日、大阪事務所と東京事務所を一体運営する体制を始動させた。これまでは大阪、東京、名古屋、九州に事務所を置き、独立性の高い活動を行うとともに、大型案件などに対応する場合は特別チームを編成するなどしてきたが、大阪事務所と東京事務所を一体化し新組織として「本社オフィス」を置き、大阪・東京の本社オフィスに所属する約230人が顧客ニーズに対応していく。新組織の本社オフィスで「当社の力をより有効に生かし、活動できるようにする」のが目的としている。六つある設計室については従来、さまざまな分野を担当してきたが今回、各設計室の担当ジャンルを明確化。第1設計室は庁舎・事務所、第2設計室は大規模開発・再開発、第3設計室はスポーツ系施設、第4設計室は医療・福祉施設、第5設計室は教育施設、第6設計室は商業・生産施設を担当していく。沖縄県の案件獲得を着実に進めるため、沖縄支所を9月に開設する予定だ。

東畑建築事務所/大阪・東京事務所を一体運営/6設計室の担当明確化

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

    西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  2. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  3. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  6. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  7. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  10. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

アクセスランキングをもっと見る

page top