東畑建築事務所、大阪・東京事務所を一体運営 画像 東畑建築事務所、大阪・東京事務所を一体運営

インバウンド・地域活性

 東畑建築事務所(香西喜八郎社長)は17日、大阪事務所と東京事務所を一体運営する体制を始動させた。これまでは大阪、東京、名古屋、九州に事務所を置き、独立性の高い活動を行うとともに、大型案件などに対応する場合は特別チームを編成するなどしてきたが、大阪事務所と東京事務所を一体化し新組織として「本社オフィス」を置き、大阪・東京の本社オフィスに所属する約230人が顧客ニーズに対応していく。新組織の本社オフィスで「当社の力をより有効に生かし、活動できるようにする」のが目的としている。六つある設計室については従来、さまざまな分野を担当してきたが今回、各設計室の担当ジャンルを明確化。第1設計室は庁舎・事務所、第2設計室は大規模開発・再開発、第3設計室はスポーツ系施設、第4設計室は医療・福祉施設、第5設計室は教育施設、第6設計室は商業・生産施設を担当していく。沖縄県の案件獲得を着実に進めるため、沖縄支所を9月に開設する予定だ。

東畑建築事務所/大阪・東京事務所を一体運営/6設計室の担当明確化

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  4. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  7. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  8. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  9. 地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

アクセスランキングをもっと見る

page top