東畑建築事務所、大阪・東京事務所を一体運営 画像 東畑建築事務所、大阪・東京事務所を一体運営

インバウンド・地域活性

 東畑建築事務所(香西喜八郎社長)は17日、大阪事務所と東京事務所を一体運営する体制を始動させた。これまでは大阪、東京、名古屋、九州に事務所を置き、独立性の高い活動を行うとともに、大型案件などに対応する場合は特別チームを編成するなどしてきたが、大阪事務所と東京事務所を一体化し新組織として「本社オフィス」を置き、大阪・東京の本社オフィスに所属する約230人が顧客ニーズに対応していく。新組織の本社オフィスで「当社の力をより有効に生かし、活動できるようにする」のが目的としている。六つある設計室については従来、さまざまな分野を担当してきたが今回、各設計室の担当ジャンルを明確化。第1設計室は庁舎・事務所、第2設計室は大規模開発・再開発、第3設計室はスポーツ系施設、第4設計室は医療・福祉施設、第5設計室は教育施設、第6設計室は商業・生産施設を担当していく。沖縄県の案件獲得を着実に進めるため、沖縄支所を9月に開設する予定だ。

東畑建築事務所/大阪・東京事務所を一体運営/6設計室の担当明確化

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

    新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  2. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

    JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  3. 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

    地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

  4. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. リニア新幹線の名古屋駅が起工。JR東海、27年開業へ前進

  7. 日本橋二丁目地区再開発/建物名称「太陽生命日本橋ビル」に

  8. リニア新幹線、静岡県内導水路トンネル新設/南アルプストンネル建設に伴う施策

  9. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  10. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

アクセスランキングをもっと見る

page top