東畑建築事務所、大阪・東京事務所を一体運営 画像 東畑建築事務所、大阪・東京事務所を一体運営

インバウンド・地域活性

 東畑建築事務所(香西喜八郎社長)は17日、大阪事務所と東京事務所を一体運営する体制を始動させた。これまでは大阪、東京、名古屋、九州に事務所を置き、独立性の高い活動を行うとともに、大型案件などに対応する場合は特別チームを編成するなどしてきたが、大阪事務所と東京事務所を一体化し新組織として「本社オフィス」を置き、大阪・東京の本社オフィスに所属する約230人が顧客ニーズに対応していく。新組織の本社オフィスで「当社の力をより有効に生かし、活動できるようにする」のが目的としている。六つある設計室については従来、さまざまな分野を担当してきたが今回、各設計室の担当ジャンルを明確化。第1設計室は庁舎・事務所、第2設計室は大規模開発・再開発、第3設計室はスポーツ系施設、第4設計室は医療・福祉施設、第5設計室は教育施設、第6設計室は商業・生産施設を担当していく。沖縄県の案件獲得を着実に進めるため、沖縄支所を9月に開設する予定だ。

東畑建築事務所/大阪・東京事務所を一体運営/6設計室の担当明確化

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  2. エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

    エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

  3. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

    ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  4. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  8. 「MARK IS(マークイズ)」開発着工へ、福岡市内最大規模、18年秋開業

  9. 熊本地震/被災した57号北側復旧ルートの二重峠トンネル、着工へ

  10. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

アクセスランキングをもっと見る

page top