歩行ナビやビーコンの開発推進、国交省が駅・施設のバリアフリー情報や無線LAN情報等をオープンデータ化 画像 歩行ナビやビーコンの開発推進、国交省が駅・施設のバリアフリー情報や無線LAN情報等をオープンデータ化

IT業務効率

 国土交通省は21日、「歩行者移動支援に関するデータサイト」を開設。鉄道駅等のバリアフリー化、無料の公衆無線LANスポットなど、国土交通省が保有するデータ約5万件を公開した。

 今回の取り組みは、昨年度設立した「ICTを活用した歩行者移動支援の普及促進検討委員会」の提言を踏まえたもの。同省では、ICT(情報通信技術)を活用した歩行者移動支援サービスの普及促進を図ることで、訪日外国人旅行者や高齢者、障害者など、誰もがストレスなく自由に活動ができるユニバーサル社会の構築を目指している。

 また、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けては、歩行ナビやビーコンを使ったサービスも想定。その他、オープンデータを活用したさまざまなサービスが民間企業等から展開されていくことを目的に、今後もオープンデータ化を推進していく。それと同時に市町村向けに、オープンデータを活用した歩行者移動支援サービスの取組の手順などを解説するガイドラインを作成する計画だ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  2. 産学官連携の次世代型放射光施設が具体化へ。宮城県内で候補地絞り込み

    産学官連携の次世代型放射光施設が具体化へ。宮城県内で候補地絞り込み

  3. ICT活用施工連絡会が会合、北海道建設部では施工者の辞退相次ぐ

    ICT活用施工連絡会が会合、北海道建設部では施工者の辞退相次ぐ

  4. 新潟県「AI・IoT活用研究会」、生産性向上技術の導入を

  5. メンテナンス時期をメールで知らせる、日本キャタピラーの新サービス

  6. 「業種エリア特化型」ポータルサイト運用サービス、大手メディア対抗として全国展開

  7. アジア航測が森林管理支援にドローン活用

  8. パナソニック、インフラ点検にロボット技術を積極導入!

  9. ドローン+ウェアラブルデバイスで救急医療の迅速化へ

アクセスランキングをもっと見る

page top