歩行ナビやビーコンの開発推進、国交省が駅・施設のバリアフリー情報や無線LAN情報等をオープンデータ化 画像 歩行ナビやビーコンの開発推進、国交省が駅・施設のバリアフリー情報や無線LAN情報等をオープンデータ化

IT業務効率

 国土交通省は21日、「歩行者移動支援に関するデータサイト」を開設。鉄道駅等のバリアフリー化、無料の公衆無線LANスポットなど、国土交通省が保有するデータ約5万件を公開した。

 今回の取り組みは、昨年度設立した「ICTを活用した歩行者移動支援の普及促進検討委員会」の提言を踏まえたもの。同省では、ICT(情報通信技術)を活用した歩行者移動支援サービスの普及促進を図ることで、訪日外国人旅行者や高齢者、障害者など、誰もがストレスなく自由に活動ができるユニバーサル社会の構築を目指している。

 また、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けては、歩行ナビやビーコンを使ったサービスも想定。その他、オープンデータを活用したさまざまなサービスが民間企業等から展開されていくことを目的に、今後もオープンデータ化を推進していく。それと同時に市町村向けに、オープンデータを活用した歩行者移動支援サービスの取組の手順などを解説するガイドラインを作成する計画だ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!:1  老舗旅館がタブレットで変革

    サービス業のIT利用最前線!:1  老舗旅館がタブレットで変革

  2. 国交省・森昌文技監「既にオープンイノベーションの動きは始まっている」

    国交省・森昌文技監「既にオープンイノベーションの動きは始まっている」

  3. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  4. VRによるショッピングの未来、VRコマース

  5. 大林組がIoT活用のシャツ型センサータイムリーに体調管理

  6. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  7. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

  8. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  9. 次世代IoTシステムの規格化を目指す業界団体が発足、オープンイノベーションへ

  10. 【ポストものづくり時代:5】低成長時代に生き残る戦略

アクセスランキングをもっと見る

page top