歩行ナビやビーコンの開発推進、国交省が駅・施設のバリアフリー情報や無線LAN情報等をオープンデータ化 画像 歩行ナビやビーコンの開発推進、国交省が駅・施設のバリアフリー情報や無線LAN情報等をオープンデータ化

IT業務効率

 国土交通省は21日、「歩行者移動支援に関するデータサイト」を開設。鉄道駅等のバリアフリー化、無料の公衆無線LANスポットなど、国土交通省が保有するデータ約5万件を公開した。

 今回の取り組みは、昨年度設立した「ICTを活用した歩行者移動支援の普及促進検討委員会」の提言を踏まえたもの。同省では、ICT(情報通信技術)を活用した歩行者移動支援サービスの普及促進を図ることで、訪日外国人旅行者や高齢者、障害者など、誰もがストレスなく自由に活動ができるユニバーサル社会の構築を目指している。

 また、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けては、歩行ナビやビーコンを使ったサービスも想定。その他、オープンデータを活用したさまざまなサービスが民間企業等から展開されていくことを目的に、今後もオープンデータ化を推進していく。それと同時に市町村向けに、オープンデータを活用した歩行者移動支援サービスの取組の手順などを解説するガイドラインを作成する計画だ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

    外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  2. 君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

    君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

  3. 無線LAN提供でわかる顧客情報を活用して売上アップを!

    無線LAN提供でわかる顧客情報を活用して売上アップを!

  4. 空撮、点検、農業など、ドローン活用記録の管理クラウドサービス

  5. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  6. IoTは次の時代の標準インフラになる~坂村健・東大教授に聞く~

  7. フジタと早川ゴム、シールド機の止水性能を3倍に向上。ゴムとブラシ一体化

  8. 準大手ゼネコンでインフラ点検ロボット開発進む、人力よりも効率的に作業

  9. ドローンの活用範囲が拡大/資材運搬や高圧線架設にも応用/最大の需要はインフラの点検

  10. 低炭素型コンクリ、国内で初めて現場打設に成功

アクセスランキングをもっと見る

page top