歩行ナビやビーコンの開発推進、国交省が駅・施設のバリアフリー情報や無線LAN情報等をオープンデータ化 画像 歩行ナビやビーコンの開発推進、国交省が駅・施設のバリアフリー情報や無線LAN情報等をオープンデータ化

IT業務効率

 国土交通省は21日、「歩行者移動支援に関するデータサイト」を開設。鉄道駅等のバリアフリー化、無料の公衆無線LANスポットなど、国土交通省が保有するデータ約5万件を公開した。

 今回の取り組みは、昨年度設立した「ICTを活用した歩行者移動支援の普及促進検討委員会」の提言を踏まえたもの。同省では、ICT(情報通信技術)を活用した歩行者移動支援サービスの普及促進を図ることで、訪日外国人旅行者や高齢者、障害者など、誰もがストレスなく自由に活動ができるユニバーサル社会の構築を目指している。

 また、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けては、歩行ナビやビーコンを使ったサービスも想定。その他、オープンデータを活用したさまざまなサービスが民間企業等から展開されていくことを目的に、今後もオープンデータ化を推進していく。それと同時に市町村向けに、オープンデータを活用した歩行者移動支援サービスの取組の手順などを解説するガイドラインを作成する計画だ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  2. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

    ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  3. 教育ICT市場、2020年には2,403億円規模……富士キメラ総研

    教育ICT市場、2020年には2,403億円規模……富士キメラ総研

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

  6. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

  7. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

  8. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  9. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  10. ~スマート林業:3~電力自由化!間伐材で作る再生エネ

アクセスランキングをもっと見る

page top