「文科省は、無能力・無責任」……舛添要一知事、新国立競技場建設で提言! 画像 「文科省は、無能力・無責任」……舛添要一知事、新国立競技場建設で提言!

インバウンド・地域活性

 東京都の舛添要一知事は20日、自身のブログで新国立競技場建設に関する提言を発表した。

 舛添氏は、「文科省は、無能力・無責任で、これが失敗の最大の原因である」とし、文科省・JSCに仕事をさせれば、また失敗する断言。安倍首相を長に「新国立競技場建設本部」を組織し「作業委員会」を作ることを提案。加えて、密室での議論ではなく、一月に一度、作業委員会のトップが会見し、国民に進捗状況を知らせた上で、国会で監視すべきなどとした。
《RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

    西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

  4. 東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

  5. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  6. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  7. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  10. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top