千葉県習志野市が新庁舎建設、清水建設で10月着手! 画像 千葉県習志野市が新庁舎建設、清水建設で10月着手!

インバウンド・地域活性

 千葉県習志野市は、旧本庁舎向かい側の習志野高校跡地(鷺沼2の379の1)で計画している新庁舎の建設に10月にも着手する。跡地の既存校舎の解体工事を8月に開始し、10月中旬の本体着工、17年4月の竣工を目指す。同6~9月の開庁後に、既存分庁舎の解体と外構工事を行う。全体工期は18年1月末までを見込む。基本設計と工事監理は佐藤総合計画、実施設計と施工は清水建設が担当する。
 建設地の敷地面積は3万5204平方メートル。新庁舎の規模はS・CFT一部SRC造地下1階地上6階建て延べ1万7890平方メートルとなる。駐輪場(自転車315台、バイク40台)や駐車場、二つの広場や緑道も整備する。市は、実施設計と施工を一括で発注するデザインビルド(DB)方式を採用。14年10月に一般競争入札を行い、清水建設が81億9000万円で受注した。
 旧本庁舎は、11年の東日本大震災後の調査の結果、耐震性能が基準値を下回っていることが分かり使用を停止。機能を仮庁舎に分散移転した。機能分散で利便性が低下し、既存庁舎(市民課棟、第2・第3分室、教育委員会棟)も老朽化やバリアフリーの未対応など多くの課題を抱えているため、市は新庁舎の整備に踏み切った。敷地内には、II期工事として、消防庁舎(建築面積1380平方メートル、RC造3階建て延べ約3540平方メートル)と訓練棟(同130平方メートル、同5階建て延べ530平方メートル)も建設する予定。新庁舎の整備事業が一段落する18年以降に実施設計に着手する見通しだ。

千葉県習志野市/新庁舎建設/清水建設で10月着手、18年1月完成へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  2. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

    【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  3. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  4. 「虎ノ門ヒルズ」が拡大・進化、「虎ノ門新駅」に超高層ビル建設

  5. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  6. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  7. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  10. キウイ新品種「甘うぃ」が販売開始。黄色・高糖度で大玉!

アクセスランキングをもっと見る

page top