三重県、南海トラフ巨大地震など対応の地域計画策定!

インバウンド・地域活性

 三重県は17日、南海トラフ巨大地震や大規模風水害に対応した国土強靱(きょうじん)化地域計画を策定した。「起きてはならない最悪の事態」を回避するための取り組み方針では、国のガイドラインに沿いながらも、多くの土砂災害危険箇所、離島、観光地、石油コンビナートなどを抱える県の地域特性を踏まえた対策を盛り込んだ。計画は▽地域計画策定の基本的考え方▽ぜい弱性評価▽ぜい弱性評価を踏まえた国土強靱化の取り組み方針▽計画の推進と不断の見直し-の4章構成。
 ぜい弱性評価では、事前に備えるべき八つの目標、39の起きてはならない最悪の事態を設定。それに対する取り組みとして行政機能、住宅・都市など12の個別施策分野、リスクコミュニケーション、老朽化対策、研究開発の3横断的分野ごとに推進方針を示した。特に、県の実情を踏まえた取り組みでは、土砂災害計画区域の指定、離島における耐震強化岸壁整備、観光業者や団体との連携、コンビナート設備の耐震化や護岸等強化などを盛り込んだほか、大規模災害時の代替輸送モードとしてリニア中央新幹線の整備促進を挙げた。また、迅速な復旧・復興を進めるため、建設業界との応急復旧体制の強化、建設業における防災・減災の担い手確保・育成を重点項目の一つとした。計画期間はおおむね10年間。推進に当たっては、県の長期計画などと連動させながら、内容を見直すとともに、毎年度、進ちょく状況を把握し、次年度の取り組みに反映させる考え。

三重県/国土強靱化地域計画/最悪事態39項目で対応明記、担い手確保も重点に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  2. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 名古屋城天守木造計画、寸分違わず復元できる世界で唯一の城!

  5. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  6. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  7. リニア新幹線が南アルプストンネル長野工区で安全祈願・起工式開く

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】鎌倉生まれの和服の未来、作務衣ブランド「鎌倉三衣」の世界挑戦

  9. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  10. 名古屋競馬場の移転計画、跡地がアジア競技大会の選手村候補地に浮上

アクセスランキングをもっと見る

page top