三重県、南海トラフ巨大地震など対応の地域計画策定!

インバウンド・地域活性

 三重県は17日、南海トラフ巨大地震や大規模風水害に対応した国土強靱(きょうじん)化地域計画を策定した。「起きてはならない最悪の事態」を回避するための取り組み方針では、国のガイドラインに沿いながらも、多くの土砂災害危険箇所、離島、観光地、石油コンビナートなどを抱える県の地域特性を踏まえた対策を盛り込んだ。計画は▽地域計画策定の基本的考え方▽ぜい弱性評価▽ぜい弱性評価を踏まえた国土強靱化の取り組み方針▽計画の推進と不断の見直し-の4章構成。
 ぜい弱性評価では、事前に備えるべき八つの目標、39の起きてはならない最悪の事態を設定。それに対する取り組みとして行政機能、住宅・都市など12の個別施策分野、リスクコミュニケーション、老朽化対策、研究開発の3横断的分野ごとに推進方針を示した。特に、県の実情を踏まえた取り組みでは、土砂災害計画区域の指定、離島における耐震強化岸壁整備、観光業者や団体との連携、コンビナート設備の耐震化や護岸等強化などを盛り込んだほか、大規模災害時の代替輸送モードとしてリニア中央新幹線の整備促進を挙げた。また、迅速な復旧・復興を進めるため、建設業界との応急復旧体制の強化、建設業における防災・減災の担い手確保・育成を重点項目の一つとした。計画期間はおおむね10年間。推進に当たっては、県の長期計画などと連動させながら、内容を見直すとともに、毎年度、進ちょく状況を把握し、次年度の取り組みに反映させる考え。

三重県/国土強靱化地域計画/最悪事態39項目で対応明記、担い手確保も重点に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  2. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

    川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  3. ~着地型観光:1~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

    ~着地型観光:1~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  4. 取手駅西口A街区再開発、「ウェルネス・タウン取手」創造へ

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

  7. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  9. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  10. 青森県むつ市が新体育館建設、スポーツのほか余暇を過ごす市民憩いの空間へ

アクセスランキングをもっと見る

page top