新国立競技場の計画見直しでJIAが提言……現設計チームで新たなデザイン 画像 新国立競技場の計画見直しでJIAが提言……現設計チームで新たなデザイン

マネジメント

 日本建築家協会(JIA、芦原太郎会長)は、2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場の計画見直しに関する提言を17日発表した。国際コンペで選ばれたザハ・ハディド氏のデザイン案を白紙に戻し、現設計チーム(日建設計・日本設計・梓設計・アラップジャパンJV)を中心に再設計を行うよう提案。建設費の減額と工期短縮を条件に施工者の競争入札をあらためて実施することを強く求めた。
 提言では、コンペ当選案とそれを基にした設計は、コンペの時点で想定した建設費(1300億円)を超過したため採用できないとして白紙に戻し、プロポーザルで選ばれた現設計チームに設計させることが見直しを早期に実現する最善策だと主張。設計条件を見直せば、基本設計時点の建設費(1625億円)で「立派なナショナルスタジアムを造ることができ、2019年ラグビーワールドカップに間に合わせることも可能」と指摘した。再設計では、現設計チーム内にECI(アーリー・コントラクター・インボルブメント)方式によって施工会社が含まれているため、そのノウハウを発揮させることが順当だと主張。一方、工事発注では工事予定者の立場を外してあらためて複数の施工会社で競争入札を行うべきだとした。入札時に減額案と工期短縮の提案を求めれば施工会社の英知を結集することにもなるとしている。

新国立競技場/JIAが計画見直しで提言/現チームで再設計を

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. アジア国際交流支援機構、外国人技術者の就労支援を展開

    アジア国際交流支援機構、外国人技術者の就労支援を展開

  2. 日建設計、専門研修と人事評価の制度を見直し

    日建設計、専門研修と人事評価の制度を見直し

  3. 建設技術研究所が民事再生の日総建支援…都市計画部門強化へ

    建設技術研究所が民事再生の日総建支援…都市計画部門強化へ

  4. リストバンドで現場作業員の体調管理 清水建設と東芝が開発へ

  5. パートタイムの平均時給、製造業、飲食などが前年同月比で連続上昇

  6. 日建連、建設業の担い手確保促進税制の創設要望

  7. 整理・整頓・清掃・清潔・しつけの徹底……「5S活動再挑戦プログラム」が登場

  8. 国交省、社保加入指導書誤送付でQ&A公開

  9. 【中小企業の『経営論』】第13回:中小企業による海外販路開拓(2):手段・施策について

  10. 建設関連各社が内定式、ゼネコン大手は計画数確保

アクセスランキングをもっと見る

page top