福岡・大分の工業3校が連携/産学研究・地元就職支援 画像 福岡・大分の工業3校が連携/産学研究・地元就職支援

インバウンド・地域活性

【北九州】北九州工業高等専門学校(北九州市小倉南区)、大分県立工科短期大学校、福岡工業大学短期大学部の3校は、教育の質の向上や地元就職率向上を目的に包括的連携協力を結んだ。

 3校は今後、共通の公開講座開催やインターンシップ(就業体験)でも連携を図り、地域貢献や産学連携など多方面で幅広く協力する。

 中でも北部九州に集積が進む自動車産業への学生の売り込みを図る。「20歳の技術者を社会に送り出す使命感が共通している」(塚本寛北九州高専校長)、「東九州自動車道の開通で距離も縮まる。苦手分野を補完することで地域の発展に寄与できる」(佐伯心高大分工科短大校長)としている。下村輝夫福岡工大学長は「大学は今、教育の質の向上が求められている。工業系教育機関が協力して学生のレベルアップを目指す必要がある」と話した。
日刊工業新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  3. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

    日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  5. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  6. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  7. 北海道新幹線手稲トンネルの計画変更/高架橋部分を地下化、「札樽トンネル」に

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top