富山県が新たな「とやまブランド」目指す事業者を支援、食べ物や工芸品などが対象 画像 富山県が新たな「とやまブランド」目指す事業者を支援、食べ物や工芸品などが対象

インバウンド・地域活性

 富山県が2015年度の「明日のとやまブランド」育成支援事業の募集を開始した。支援対象に選定されると、専門家によるアドバイスを受けられるほか、事業に対する補助金が交付される。

 この支援事業は、県が認定する新たな「富山県推奨とやまブランド」を生むことを目的としたもの。富山県内企業が生産・製造した農林水産物、加工食品、工芸品、工業製品が支援対象となり、選定されると専門家からの助言などを踏まえ、新商品開発や販路拡大に取り組むことになる。

 選定を受けた企業は、原則として初年度はスタートアップ支援を受ける。スタートアップ支援では事業に対して補助率3分の2、限度額66万6000円の補助金が交付される。その後、新商品開発や販路拡大といった具体的な事業展開に向けたチャレンジ支援が行われる。補助率は同じく3分の2だが、限度額は100万円までとなる。

 支援の応募締め切りは9月11日まで。郵送は当日消印有効。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  3. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  4. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 首都圏3環状開通着々、沿線地域に大きな整備効果

  7. 【熊本地震】解体など人手不足、労務単価の高騰も

  8. 完全自動化レタス栽培工場、京都・けいはんな学研都市で建設開始……目標は1日3万株

  9. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  10. 首都圏の百貨店・大型ファッションビル跡地開発の動き活発化!

アクセスランキングをもっと見る

page top