富山県が新たな「とやまブランド」目指す事業者を支援、食べ物や工芸品などが対象 画像 富山県が新たな「とやまブランド」目指す事業者を支援、食べ物や工芸品などが対象

インバウンド・地域活性

 富山県が2015年度の「明日のとやまブランド」育成支援事業の募集を開始した。支援対象に選定されると、専門家によるアドバイスを受けられるほか、事業に対する補助金が交付される。

 この支援事業は、県が認定する新たな「富山県推奨とやまブランド」を生むことを目的としたもの。富山県内企業が生産・製造した農林水産物、加工食品、工芸品、工業製品が支援対象となり、選定されると専門家からの助言などを踏まえ、新商品開発や販路拡大に取り組むことになる。

 選定を受けた企業は、原則として初年度はスタートアップ支援を受ける。スタートアップ支援では事業に対して補助率3分の2、限度額66万6000円の補助金が交付される。その後、新商品開発や販路拡大といった具体的な事業展開に向けたチャレンジ支援が行われる。補助率は同じく3分の2だが、限度額は100万円までとなる。

 支援の応募締め切りは9月11日まで。郵送は当日消印有効。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. ムラサキウニ、キャベツで養殖したところ、高級食材に!

    ムラサキウニ、キャベツで養殖したところ、高級食材に!

  3. 埼玉発「野菜すし」登場! ベジタリアンから訪日客まで

    埼玉発「野菜すし」登場! ベジタリアンから訪日客まで

  4. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  6. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  7. ■ニュース深掘り!■中野から考える、都市部の駅前再開発

  8. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  9. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top