全国の新規農業就業者の研修費を助成、3年間で月額最大9万7000円まで 画像 全国の新規農業就業者の研修費を助成、3年間で月額最大9万7000円まで

インバウンド・地域活性

 全国農業会議所が、農業法人などを対象にした「農の雇用事業」の参加者募集を開始した。新規に雇用した人材に対する研修費用の助成を行う。

 助成事業の対象となるのは、2015年1月1日から8月31日までに正社員として雇用された就業者への研修。そのうち正社員として採用された時点で、45歳未満の就業者が対象となる。研修の助成期間は2015年11月から2017年10月までの3年間。新規就業者に対する研修は月額9万7000円まで、指導者の技能向上のための研修は年間3万6000円まで助成される。

 このほか、新たな農業法人設立を目指す人を雇用した場合が対象となる「法人独立支援タイプ」の研修助成も同時に募集。こちらは3年目以降については、新規就業者向け研修が月額4万8000円まで、指導者の技能向上のための研修が年間2万4000円までとなる。

 募集期間は8月31日まで。申し込みは各都道府県の農業会議にて受け付けている。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  7. 富裕層インバウンドの法則その2

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top