全国の新規農業就業者の研修費を助成、3年間で月額最大9万7000円まで 画像 全国の新規農業就業者の研修費を助成、3年間で月額最大9万7000円まで

インバウンド・地域活性

 全国農業会議所が、農業法人などを対象にした「農の雇用事業」の参加者募集を開始した。新規に雇用した人材に対する研修費用の助成を行う。

 助成事業の対象となるのは、2015年1月1日から8月31日までに正社員として雇用された就業者への研修。そのうち正社員として採用された時点で、45歳未満の就業者が対象となる。研修の助成期間は2015年11月から2017年10月までの3年間。新規就業者に対する研修は月額9万7000円まで、指導者の技能向上のための研修は年間3万6000円まで助成される。

 このほか、新たな農業法人設立を目指す人を雇用した場合が対象となる「法人独立支援タイプ」の研修助成も同時に募集。こちらは3年目以降については、新規就業者向け研修が月額4万8000円まで、指導者の技能向上のための研修が年間2万4000円までとなる。

 募集期間は8月31日まで。申し込みは各都道府県の農業会議にて受け付けている。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

    高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  3. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  4. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  5. 大阪、2025年の万博候補地を夢洲に集約。カジノを含む統合型リゾートも

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  8. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  9. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  10. 地方の農家にこそブランディングが必要、その理由とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top