大学・中小企業のタッグが実現した常識破りの長尺スピンドル……大久保精工と中部大 画像 大学・中小企業のタッグが実現した常識破りの長尺スピンドル……大久保精工と中部大

インバウンド・地域活性

【従来比2倍の600mm、深穴可能に】

 大学と中小企業による産学連携の成功例が工作機械の分野で出始めている。それが大久保精工(滋賀県草津市、大久保信雄社長、077・564・6011)が手がける「長尺スピンドル」。中部大学の安達和彦教授が2015年3月まで在籍した神戸大学の准教授時代から研究に参画する。従来と比べて長さが倍のスピンドルを安定回転させた技術は、今年、特許を取得して実用化に結びつけた。産学連携で課題解決した好例となりそうだ。

 大久保精工が06年ころから開発に乗り出したのは、内面研削盤などに用いる回転軸の突出した部分が600ミリメートルの長尺スピンドル。安達教授は神戸大時代に振動解析で、金属の疲労寿命では地元の酒井達雄立命館大学特別任用教授が参画した。中部大や神戸大で精度評価を実施している。

 「最初は研削加工用の工具を単に作っただけで、『本当に加工できるのか』というのが砥粒(とりゅう)加工学会などでの反応だった」と安達教授は振り返る。製品は完成しても実際に加工したデータを示せなかったため、当初は内面研削盤に取り付ける工作機械メーカーからの受注に至らなかった。

 スピンドルは長いほど深穴加工ができるため大型加工に強みが出る。ただ高速回転するだけに回転数の上昇とともに振動が強まり、軸がぶれてスムーズに回転しづらくなる。
日刊工業新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 東急東横線の渋谷旧線跡開発、『日本一訪れたい街』を目指す!

    東急東横線の渋谷旧線跡開発、『日本一訪れたい街』を目指す!

  2. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

    新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

  3. 薬草で耕作地再生、民宿などで食材に…長野県木曽町

    薬草で耕作地再生、民宿などで食材に…長野県木曽町

  4. 【コト消費化するインバウンド:2】ゲームセンターの新接客術

  5. パラリンピック閉幕。東京五輪の課題は仮設施設や暑さ対策

  6. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  7. 本日の新聞から:MRJ、各紙報道にみる期待と不安

  8. 首都圏Look at/都内に200m超ビル続々/都心のスカイライン様変わり

  9. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  10. 観光列車のトレンドは? 農村風景と地場産の農産物や食事が人気

アクセスランキングをもっと見る

page top