総務省「ふるさとテレワーク」事業にGoogle共同提案団体として参画 画像 総務省「ふるさとテレワーク」事業にGoogle共同提案団体として参画

IT業務効率

 グーグルは16日、総務省が推進する「ふるさとテレワーク」実証事業に、共同提案団体として参画することを発表した。

 「ふるさとテレワーク」は、企業の一部の機能を地方に移管し、都市部の仕事を地方でも行うもの。総務省では、「ふるさとテレワーク」推進のため、地域実証事業を行うこととし、7月7日に委託先15件を発表済みだ。

 委託先の1つ「北海道オホーツクふるさとテレワーク推進事業」(提案者:北見市)では、自然隣接型テレワークセンターなど4拠点を北見市および斜里町に設置。グーグルは北見市および斜里町に社員を派遣し、クラウド型グループウェア「Google Apps for Work」、テレビ会議システム「Chromebox for meetings」などを活用したモデルを検証する計画だ。

 あわせてグーグルでは、「Google Apps for Work」導入にあたり必要なステップをまとめた「Google Apps始め方マニュアル」を作成。無料試用の申込方法、初期設定の手順、ドメインの新規購入方法、FAQををまとめた内容で、4ページのPDFが無料ダウンロード・閲覧可能だ。Google Apps for Workは、申し込み後の30日間、全機能および電話サポートを無料で試用可能(最大10ユーザーまで)。

Google、総務省「ふるさとテレワーク」事業に参画

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

    外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  2. 三代目社長のHANJO記:第1話――町工場再生と航空宇宙への道

    三代目社長のHANJO記:第1話――町工場再生と航空宇宙への道

  3. ドローンの活用範囲が拡大/資材運搬や高圧線架設にも応用/最大の需要はインフラの点検

    ドローンの活用範囲が拡大/資材運搬や高圧線架設にも応用/最大の需要はインフラの点検

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場!

  6. 工事現場の「電子看板サービス」が登場、騒音・振動公開機能など搭載

  7. 建災防、安全対策にICT活用/有識者委が初会合

  8. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  9. 西松建設が自然エネ利用技術の効果実証、地下ピットで外気負荷が7割減

  10. ドイツのボッシュ、IoTの可能性を紹介する新サイトを立ち上げ

アクセスランキングをもっと見る

page top