新国立競技場建設「ザハ案基本に見直しを」……安藤忠雄氏会見で公開議論求める 画像 新国立競技場建設「ザハ案基本に見直しを」……安藤忠雄氏会見で公開議論求める

ライフ

 2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場の国際デザイン競技で審査委員長を務めた建築家の安藤忠雄氏が16日、東京都内で記者会見した。安藤氏は、デザイン競技の最終選考時点では「実現可能だと考えた」とする一方、建設費が計画を大幅に上回る2520億円にまで膨れ上がったことを受け、現在の設計について「スケジュールやコストの問題はあるが、見直すべきだ」として、ザハ・ハディド氏のデザインを残しつつ設計を見直すよう求めた。安藤氏は、デザイン競技の審査について「アイデアのコンペ。それほどきっちりとした図面があるわけではないから、徹底的なコストの議論にはなっていない」とし、「とにかく、日本がこれを造ったんだと誇れるものがよいのではないかと考えた」と経過を明らかにした。
 当初1300億円とされた予算から大幅に膨らんだ建設コストについては、最優秀案を選んだ時点で審査委員会の実質的な関わりは終了したとした上で、「基本設計時の概算工事費が1625億円だった時点では、実施設計でコスト調整することで実現可能と認識していた」と説明。「なぜここまで建設費が上がったのかは私にも分からない。キールアーチは後から出てきた話ではなく、1625億円の時点でもあった。そういうことを考えると、もう一度調整が必要だと思う」と見直しの必要性に言及した。見直しに当たっては、「国際協約上もザハ氏を外すわけにはいかない。ザハ案を残してほしい」とし、「日本スポーツ振興センター、設計チーム、建設チーム、ザハ氏がオープンな場で徹底的に話し合うべきだ」と述べた。

安藤忠雄氏が会見/新国立競技場建設「ザハ案基本に見直しを」/公開議論求める

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 他社も使える宅配ロッカー、ヤマト運輸が仏企業とともに設置へ

    他社も使える宅配ロッカー、ヤマト運輸が仏企業とともに設置へ

アクセスランキングをもっと見る

page top