千切り、面取り ピーラーで 用途広がり売り上げ増 画像 千切り、面取り ピーラーで 用途広がり売り上げ増

ライフ

 野菜の皮をむくための調理器具「ピーラー」の用途が千切りや面取りにも広がり、包丁代わりになると人気が出ている。

 製造メーカーが家庭向けを重視し、千切り機能などを備えた商品を開発。テレビなどに取り上げられたことで小売店も売り込みを強化。「野菜を切るのは包丁でないと、という意識が薄れてきている」(製造メーカー)という。

 東急ハンズ(東京都渋谷区)では、2015年1~6月のピーラーの売り上げが前年同期と比べて2.4倍に増えた。4年連続の前年超えで、売れ筋商品の一つだ。テレビで紹介されたのに合わせ、専用コーナーを設けたり、店頭での実演販売を増やしたりしている。同社では「千切り、面取りなどにも使える便利な調理器具として認められてきた」ことが売り上げ増の理由とみる。

 調理器具メーカー、レーベン販売(横浜市)が14年に発売した家庭向け千切り用ピーラー「キャベツピーラーライト」は、今年6月末までに100万本を売り上げるヒット商品となった。包丁よりも簡単に柔らかい食感を残した千切りができることが評価されたと、同社はみる。

 料理になじみの薄い若年層だけでなく、腕力や視力が下がって包丁を扱いづらくなった高齢者の購入が増えている。同社は「千切りは手先の細かい作業なので、特に年配の方から重宝されている」と話す。

 3月には野菜レシピ本の付録に採用されるなど、ピーラーを使った調理が広まっている。
日本農業新聞

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 2020年、国内教育ICT市場予測、一人1台タブレットなるか?

    2020年、国内教育ICT市場予測、一人1台タブレットなるか?

  2. どうなる?ネットでの個人間売買市場、マンションのフリマサイトも

    どうなる?ネットでの個人間売買市場、マンションのフリマサイトも

  3. ついにお菓子も機能性表示! 糖の吸収をおだやかにする飴発売

    ついにお菓子も機能性表示! 糖の吸収をおだやかにする飴発売

  4. 【回転窓】1メートルは一命取る

  5. 【流通ウォッチ】「袋詰め」鶏肉がトレーなしで採用広がる、エコと販促の一手

  6. 【ご当地美人】観光は世界共通の楽しみ……高松ゆめ大使・小池絢さん

アクセスランキングをもっと見る

page top