コクヨS&T、滋賀県と教育・環境・観光他8項目で包括的連携協定を締結 画像 コクヨS&T、滋賀県と教育・環境・観光他8項目で包括的連携協定を締結

インバウンド・地域活性

 コクヨS&Tは7月15日、滋賀県との包括的連携協定を締結した。教育や環境保全、観光など8項目で、それぞれの人的・物的資源を活用して連携することにより、滋賀・びわ湖ブランドの推進、地域の活性化および県民サービスの向上を図りたいとしている。

 滋賀県愛知郡愛荘町にあるコクヨS&Tの子会社「コクヨ工業滋賀」では、キャンパスノートを中心に年間1億冊以上のノート生産を行っている。また、コクヨ工業滋賀では2007年より、びわ湖周辺に生息する植物「ヨシ」の活用に取り組んでおり、商品開発「ReEDEN(リエデン)プロジェクト」を進めている。

 同プロジェクトでは、びわ湖の環境を守るという理念のもと、ヨシの活用に取り組み、びわ湖の環境保全意識を広める商品開発を進めている。ボランティアによって刈られたヨシを、コクヨ工業滋賀が買い取り、紙の原材料の一部として使用する。ヨシを使った商品「ReEDENシリーズ」は、滋賀県内や通販サイトなどで販売され、売上の一部を地域の環境団体に寄付し、環境保全に役立てているという。

 協定では、「教育および子ども・青少年育成に関すること」「環境保全に関すること」「滋賀・びわ湖ブランドの発信に関すること」「観光の振興に関すること」「県内産業の振興発展に関すること」「障碍者の支援に関すること」「女性の活躍推進に関すること」「その他、地域の活性化・住民サービスの向上に関すること」の8つの項目で連携することを確認した。

 コクヨS&Tでは、滋賀県との連携を一層強化し、地域の持続的成長と経済的発展を目指したいという。

コクヨS&T、滋賀県との包括的連携協定を締結…教育など8項目

《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

    リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  2. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  3. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. 神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

アクセスランキングをもっと見る

page top