コクヨS&T、滋賀県と教育・環境・観光他8項目で包括的連携協定を締結 画像 コクヨS&T、滋賀県と教育・環境・観光他8項目で包括的連携協定を締結

インバウンド・地域活性

 コクヨS&Tは7月15日、滋賀県との包括的連携協定を締結した。教育や環境保全、観光など8項目で、それぞれの人的・物的資源を活用して連携することにより、滋賀・びわ湖ブランドの推進、地域の活性化および県民サービスの向上を図りたいとしている。

 滋賀県愛知郡愛荘町にあるコクヨS&Tの子会社「コクヨ工業滋賀」では、キャンパスノートを中心に年間1億冊以上のノート生産を行っている。また、コクヨ工業滋賀では2007年より、びわ湖周辺に生息する植物「ヨシ」の活用に取り組んでおり、商品開発「ReEDEN(リエデン)プロジェクト」を進めている。

 同プロジェクトでは、びわ湖の環境を守るという理念のもと、ヨシの活用に取り組み、びわ湖の環境保全意識を広める商品開発を進めている。ボランティアによって刈られたヨシを、コクヨ工業滋賀が買い取り、紙の原材料の一部として使用する。ヨシを使った商品「ReEDENシリーズ」は、滋賀県内や通販サイトなどで販売され、売上の一部を地域の環境団体に寄付し、環境保全に役立てているという。

 協定では、「教育および子ども・青少年育成に関すること」「環境保全に関すること」「滋賀・びわ湖ブランドの発信に関すること」「観光の振興に関すること」「県内産業の振興発展に関すること」「障碍者の支援に関すること」「女性の活躍推進に関すること」「その他、地域の活性化・住民サービスの向上に関すること」の8つの項目で連携することを確認した。

 コクヨS&Tでは、滋賀県との連携を一層強化し、地域の持続的成長と経済的発展を目指したいという。

コクヨS&T、滋賀県との包括的連携協定を締結…教育など8項目

《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

    西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

  4. 東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

  5. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  6. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  7. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  10. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top