コクヨS&T、滋賀県と教育・環境・観光他8項目で包括的連携協定を締結 画像 コクヨS&T、滋賀県と教育・環境・観光他8項目で包括的連携協定を締結

インバウンド・地域活性

 コクヨS&Tは7月15日、滋賀県との包括的連携協定を締結した。教育や環境保全、観光など8項目で、それぞれの人的・物的資源を活用して連携することにより、滋賀・びわ湖ブランドの推進、地域の活性化および県民サービスの向上を図りたいとしている。

 滋賀県愛知郡愛荘町にあるコクヨS&Tの子会社「コクヨ工業滋賀」では、キャンパスノートを中心に年間1億冊以上のノート生産を行っている。また、コクヨ工業滋賀では2007年より、びわ湖周辺に生息する植物「ヨシ」の活用に取り組んでおり、商品開発「ReEDEN(リエデン)プロジェクト」を進めている。

 同プロジェクトでは、びわ湖の環境を守るという理念のもと、ヨシの活用に取り組み、びわ湖の環境保全意識を広める商品開発を進めている。ボランティアによって刈られたヨシを、コクヨ工業滋賀が買い取り、紙の原材料の一部として使用する。ヨシを使った商品「ReEDENシリーズ」は、滋賀県内や通販サイトなどで販売され、売上の一部を地域の環境団体に寄付し、環境保全に役立てているという。

 協定では、「教育および子ども・青少年育成に関すること」「環境保全に関すること」「滋賀・びわ湖ブランドの発信に関すること」「観光の振興に関すること」「県内産業の振興発展に関すること」「障碍者の支援に関すること」「女性の活躍推進に関すること」「その他、地域の活性化・住民サービスの向上に関すること」の8つの項目で連携することを確認した。

 コクヨS&Tでは、滋賀県との連携を一層強化し、地域の持続的成長と経済的発展を目指したいという。

コクヨS&T、滋賀県との包括的連携協定を締結…教育など8項目

《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  2. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

    川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  3. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

    北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  4. 20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

  5. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  6. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  7. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  8. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  9. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  10. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

アクセスランキングをもっと見る

page top