【プレス・板金・フォーミング展】純国産ガススプリングの「パスカル」 画像 【プレス・板金・フォーミング展】純国産ガススプリングの「パスカル」

インバウンド・地域活性

 東京ビッグサイトで開催中の「MF-Tokyo 2015 プレス・板金・フォーミング展」では多数のプレス機、塑性加工マシン、およびその関連製品・技術が展示されている。

 兵庫県のパスカルは国内では数少ないガススプリングのメーカーだ。金型を押さえつけるために通常はコイルスプリングを使うが、同じ圧力を得るために、より小型で面積効率のよいのがガススプリングだ。国内には、海外メーカーの輸入代理店などが多いが、国内でガススプリングをスクラッチで製造しているメーカーは少ない。パスカルでは山形の工場で、摺動部を密閉しているロッドシール以外すべてを自製しているのが特徴だ。

 例えば同社のDSDシリーズはシリンダ外径が38mmという小型スプリングでも初期荷重が1トンという。同様な性能をコイルスプリングで出そうとすると、40mmのスプリングが10本必要となる。当然、コイルスプリングより高価なものだが、荷重のかかりかた、ストローク、耐久性などはガススプリングに部がある。

 それでも長期の使用でガスが抜けてしまったら、シール部分の交換はできないそうだが、ガスの最充填は可能だという。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今

    【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今

  2. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  3. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  5. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  6. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  7. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  8. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

アクセスランキングをもっと見る

page top