【プレス・板金・フォーミング展】純国産ガススプリングの「パスカル」 画像 【プレス・板金・フォーミング展】純国産ガススプリングの「パスカル」

インバウンド・地域活性

 東京ビッグサイトで開催中の「MF-Tokyo 2015 プレス・板金・フォーミング展」では多数のプレス機、塑性加工マシン、およびその関連製品・技術が展示されている。

 兵庫県のパスカルは国内では数少ないガススプリングのメーカーだ。金型を押さえつけるために通常はコイルスプリングを使うが、同じ圧力を得るために、より小型で面積効率のよいのがガススプリングだ。国内には、海外メーカーの輸入代理店などが多いが、国内でガススプリングをスクラッチで製造しているメーカーは少ない。パスカルでは山形の工場で、摺動部を密閉しているロッドシール以外すべてを自製しているのが特徴だ。

 例えば同社のDSDシリーズはシリンダ外径が38mmという小型スプリングでも初期荷重が1トンという。同様な性能をコイルスプリングで出そうとすると、40mmのスプリングが10本必要となる。当然、コイルスプリングより高価なものだが、荷重のかかりかた、ストローク、耐久性などはガススプリングに部がある。

 それでも長期の使用でガスが抜けてしまったら、シール部分の交換はできないそうだが、ガスの最充填は可能だという。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

    “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  2. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  3. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

    日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  4. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  5. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  6. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  7. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 登りは迷わず歩く…50キロのトレイルラン、記者が体験(1)

  10. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

アクセスランキングをもっと見る

page top