「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は? 画像 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

マネジメント

 帝国データバンクは14日、「“本業”の現状と今後に対する企業の意識調査」を実施。その結果、創業時(設立時)と現在とを比較して、本業が変化した企業が47.7%と約半数に及んだ。

 本業が変化したきっかけとして最も多く挙がったのは「本業以外の事業の拡大」で50.4%。以下、「本業の競争激化・競争力低下」が43.9%、「本業の市場縮小」が41.8%と続いた。

 そこで、今後10年間で自社の本業が変わる可能性について質問すると、「可能性はある」という回答は47.8%と、こちらも約半数を占めた。これは「可能性はない」の33.1%を、14.7ポイントも上回っている。

 今後5年~10年程度の見通しで本業の市場の将来性を尋ねると、「縮小見込み」(「縮小する見込み」「やや縮小する見込み」の合計)が47.5%。一方、「横ばい見込み(変わらない)」は27.7%で、「拡大見込み」(「拡大する見込み」「やや拡大する見込み」の合計)は19.7%にとどまった。

 なお、今後実施・検討する事業展開については、「本業の国内取引先を深める(深耕)」(58.0%)と「本業での新商品・サービスの展開」(57.5%)が過半数という結果に。「本業以外の事業(既存の別事業)の拡大」(27.4%)と「新規事業への参入(多角化)」(25.8%)は3割を下回った。これらの結果を見ると、本業の拡大を目指しつつも、実際には本業の変化を余儀なくされている企業が多い状況がうかがえる。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ネジ・工具など間接資材で急成長!ネットストア「モノタロウ」成功の秘密

    ネジ・工具など間接資材で急成長!ネットストア「モノタロウ」成功の秘密

  2. ピーエス三菱、知名度向上へ現場見学会などで「橋カード」配布

    ピーエス三菱、知名度向上へ現場見学会などで「橋カード」配布

  3. ASEAN大手外食企業との商談会……ジェトロが日本で開催、参加企業募集

    ASEAN大手外食企業との商談会……ジェトロが日本で開催、参加企業募集

  4. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  5. JAPIC、林業復活・地域創生の推進を提言

  6. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  7. 女性社長の多い業種、大学は?……全国女性社長分析

  8. 会社の跡継ぎ、事業の引受先が見つからない!? 神奈川県に事業引継ぎ支援センター開設

  9. アジア航測、宇佐美工業ら4社とi-Con導入勉強会、2月9日に初会合

  10. 清水建設が東燃ゼネラル・静岡ガスと新会社、天然ガス火力発電へ

アクセスランキングをもっと見る

page top