「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は? 画像 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

マネジメント

 帝国データバンクは14日、「“本業”の現状と今後に対する企業の意識調査」を実施。その結果、創業時(設立時)と現在とを比較して、本業が変化した企業が47.7%と約半数に及んだ。

 本業が変化したきっかけとして最も多く挙がったのは「本業以外の事業の拡大」で50.4%。以下、「本業の競争激化・競争力低下」が43.9%、「本業の市場縮小」が41.8%と続いた。

 そこで、今後10年間で自社の本業が変わる可能性について質問すると、「可能性はある」という回答は47.8%と、こちらも約半数を占めた。これは「可能性はない」の33.1%を、14.7ポイントも上回っている。

 今後5年~10年程度の見通しで本業の市場の将来性を尋ねると、「縮小見込み」(「縮小する見込み」「やや縮小する見込み」の合計)が47.5%。一方、「横ばい見込み(変わらない)」は27.7%で、「拡大見込み」(「拡大する見込み」「やや拡大する見込み」の合計)は19.7%にとどまった。

 なお、今後実施・検討する事業展開については、「本業の国内取引先を深める(深耕)」(58.0%)と「本業での新商品・サービスの展開」(57.5%)が過半数という結果に。「本業以外の事業(既存の別事業)の拡大」(27.4%)と「新規事業への参入(多角化)」(25.8%)は3割を下回った。これらの結果を見ると、本業の拡大を目指しつつも、実際には本業の変化を余儀なくされている企業が多い状況がうかがえる。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 日鳶連、新年の「祝いの木遣り」を国交省で披露

    日鳶連、新年の「祝いの木遣り」を国交省で披露

  2. マッチングイベントで新サービスで公募開始・・・パーク24

    マッチングイベントで新サービスで公募開始・・・パーク24

  3. 本日の新聞から:「MRJ」4回目の納入延期

    本日の新聞から:「MRJ」4回目の納入延期

  4. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  5. アルバイトが感じる上司の理想と現実、最大のギャップは何?

  6. アジア航測、宇佐美工業ら4社とi-Con導入勉強会、2月9日に初会合

  7. 女性活躍に力を入れる企業像……約300社の分析データから判明

  8. 建設女子応援、国交省が活躍23事例をHPで紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top