航空法の一部が改正、どうなる無人航空機ドローンの飛行空域と飛行方法 画像 航空法の一部が改正、どうなる無人航空機ドローンの飛行空域と飛行方法

インバウンド・地域活性

 航空法の一部を改正する法律案が14日に閣議決定された。今後は無人航空機ドローンの飛行空域と飛行方法が一部制限される。

 ドローンは農薬散布、物流・デリバリーをはじめ、災害調査、各種観測、警備など、さまざまな用途で利用が広がりつつある。しかし、一方では落下トラブルが起きるなどして、利用を法律で規制する必要性が叫ばれてきた。

 今回の航空法の一部改正は、こうした背景を元に政府が判断したもの。「空港周辺など、航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれがある空域」、および「人又は家屋の密集している地域の上空」では、国土交通大臣の許可なしではドローンの飛行が禁止された。

 また、ドローンを飛行させる方法についても、「日中において飛行させること」、「周囲の状況を目視により常時監視すること」、「人又は物件との間に距離を保って飛行させること」などが定められている。

 上記に違反した場合は罰金が科せられる。ただし、事故や災害時の公共機関等による捜索・救助等の場合はを適用が除外されるとのこと。今回の法改正でドローンの適正な利用が広まることで、ドローン産業のさらなる発展が期待される。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

    越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  3. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  4. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  5. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  6. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  7. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top