航空法の一部が改正、どうなる無人航空機ドローンの飛行空域と飛行方法 画像 航空法の一部が改正、どうなる無人航空機ドローンの飛行空域と飛行方法

インバウンド・地域活性

 航空法の一部を改正する法律案が14日に閣議決定された。今後は無人航空機ドローンの飛行空域と飛行方法が一部制限される。

 ドローンは農薬散布、物流・デリバリーをはじめ、災害調査、各種観測、警備など、さまざまな用途で利用が広がりつつある。しかし、一方では落下トラブルが起きるなどして、利用を法律で規制する必要性が叫ばれてきた。

 今回の航空法の一部改正は、こうした背景を元に政府が判断したもの。「空港周辺など、航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれがある空域」、および「人又は家屋の密集している地域の上空」では、国土交通大臣の許可なしではドローンの飛行が禁止された。

 また、ドローンを飛行させる方法についても、「日中において飛行させること」、「周囲の状況を目視により常時監視すること」、「人又は物件との間に距離を保って飛行させること」などが定められている。

 上記に違反した場合は罰金が科せられる。ただし、事故や災害時の公共機関等による捜索・救助等の場合はを適用が除外されるとのこと。今回の法改正でドローンの適正な利用が広まることで、ドローン産業のさらなる発展が期待される。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  2. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  3. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  4. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  5. 大阪府池田市で大阪モノレール石橋地域の延伸計画、16年度から実現可能性検討

  6. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  7. ハイドランジア「筑紫の風」、希少な花色と重量感  

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

  10. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

アクセスランキングをもっと見る

page top