最寄の宅急便センターを自社拠点として利用できる「ヤマト クラウドデポ」開始 画像 最寄の宅急便センターを自社拠点として利用できる「ヤマト クラウドデポ」開始

マネジメント

 ヤマトホールディングスは13日、ヤマト運輸の宅急便センター(全国約4,000か所)をビジネス拠点として活用できる企業向けサービス「ヤマト クラウドデポ」の提供を開始した。

 「ヤマト クラウドデポ」は、日々の業務に使用する商材・備品・販売促進ツール・パーツ部品などを、外出先からスマートフォンやタブレットで発注し、好きなセンターで引き取れるサービスだ。ヤマトグループの宅急便ネットワークを利用することで、廉価なパッケージサービスを実現した。

 これにより、自社の倉庫営業所などに立ち寄る必要や配送手配の作業がなくなり、顧客のそばなど、より便利な場所での資材受け取りが可能となる。また各営業所に点在していた商材の在庫を圧縮でき、余分な保管スペースを用意する必要もなくなる。サイト内での商材在庫管理機能も用意されている。

 サービス利用料は、営業・サービススタッフの社員数に応じたID使用料と商材を送った分だけの従量課金制。

全国4000か所の宅急便センターを自社拠点にできる「ヤマト クラウドデポ」提供開始

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

    【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  2. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  3. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

    物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  4. 水稲コスト低減に向け、農相が生産資材・流通コスト引き下げ要請

  5. 【解決!社長の悩み相談センター】第21回:雇用か外注か? 税務処理の違い

  6. 国交省、積算作業の簡素化とミス防止に向け新方式を検討

  7. 東京建物、台東区の超高層マンション施工者を三井住友建設に決定

  8. 五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

  9. 公共建築積算で被災地のクレーン費高く、国交省調査で判明

  10. 日建連「生産性向上推進本部」設置を報告、業界の牽引役期待

アクセスランキングをもっと見る

page top