最寄の宅急便センターを自社拠点として利用できる「ヤマト クラウドデポ」開始 画像 最寄の宅急便センターを自社拠点として利用できる「ヤマト クラウドデポ」開始

マネジメント

 ヤマトホールディングスは13日、ヤマト運輸の宅急便センター(全国約4,000か所)をビジネス拠点として活用できる企業向けサービス「ヤマト クラウドデポ」の提供を開始した。

 「ヤマト クラウドデポ」は、日々の業務に使用する商材・備品・販売促進ツール・パーツ部品などを、外出先からスマートフォンやタブレットで発注し、好きなセンターで引き取れるサービスだ。ヤマトグループの宅急便ネットワークを利用することで、廉価なパッケージサービスを実現した。

 これにより、自社の倉庫営業所などに立ち寄る必要や配送手配の作業がなくなり、顧客のそばなど、より便利な場所での資材受け取りが可能となる。また各営業所に点在していた商材の在庫を圧縮でき、余分な保管スペースを用意する必要もなくなる。サイト内での商材在庫管理機能も用意されている。

 サービス利用料は、営業・サービススタッフの社員数に応じたID使用料と商材を送った分だけの従量課金制。

全国4000か所の宅急便センターを自社拠点にできる「ヤマト クラウドデポ」提供開始

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 三菱電機、名古屋製作所に第二FA開発センターを建設

    三菱電機、名古屋製作所に第二FA開発センターを建設

  3. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

    「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  4. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

  5. 【倒産情報】レディスアパレル「2%TOKYO」が自己破産

  6. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  7. シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

  8. 中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査

  9. 八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

  10. 障害者の雇用義務化、農村・障害者・企業は互いの利益模索へ

アクセスランキングをもっと見る

page top