最寄の宅急便センターを自社拠点として利用できる「ヤマト クラウドデポ」開始 画像 最寄の宅急便センターを自社拠点として利用できる「ヤマト クラウドデポ」開始

マネジメント

 ヤマトホールディングスは13日、ヤマト運輸の宅急便センター(全国約4,000か所)をビジネス拠点として活用できる企業向けサービス「ヤマト クラウドデポ」の提供を開始した。

 「ヤマト クラウドデポ」は、日々の業務に使用する商材・備品・販売促進ツール・パーツ部品などを、外出先からスマートフォンやタブレットで発注し、好きなセンターで引き取れるサービスだ。ヤマトグループの宅急便ネットワークを利用することで、廉価なパッケージサービスを実現した。

 これにより、自社の倉庫営業所などに立ち寄る必要や配送手配の作業がなくなり、顧客のそばなど、より便利な場所での資材受け取りが可能となる。また各営業所に点在していた商材の在庫を圧縮でき、余分な保管スペースを用意する必要もなくなる。サイト内での商材在庫管理機能も用意されている。

 サービス利用料は、営業・サービススタッフの社員数に応じたID使用料と商材を送った分だけの従量課金制。

全国4000か所の宅急便センターを自社拠点にできる「ヤマト クラウドデポ」提供開始

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【中小企業の『経営論』】第13回:中小企業による海外販路開拓(2):手段・施策について

    【中小企業の『経営論』】第13回:中小企業による海外販路開拓(2):手段・施策について

  2. 【中小企業の『経営論』】第11回:中小企業による海外販路開拓(1):なぜ必要か?

    【中小企業の『経営論』】第11回:中小企業による海外販路開拓(1):なぜ必要か?

  3. 【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

    【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

  4. 建設の経営業務管理責任者、執行役員も対象に

  5. 下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

  6. 【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

  7. 【中小企業の『経営論』】第12回:「扉を開けている」だけでは部下はやってこない

  8. 完全週休2日制モデル工事を中部地方整備局が試行……入札参加者が任意で選択

  9. 【外食ビジネスウィーク2015】ショーケースの冷却効率を上げる“適温剤”、電力を約30%削減

  10. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

アクセスランキングをもっと見る

page top