最寄の宅急便センターを自社拠点として利用できる「ヤマト クラウドデポ」開始 画像 最寄の宅急便センターを自社拠点として利用できる「ヤマト クラウドデポ」開始

マネジメント

 ヤマトホールディングスは13日、ヤマト運輸の宅急便センター(全国約4,000か所)をビジネス拠点として活用できる企業向けサービス「ヤマト クラウドデポ」の提供を開始した。

 「ヤマト クラウドデポ」は、日々の業務に使用する商材・備品・販売促進ツール・パーツ部品などを、外出先からスマートフォンやタブレットで発注し、好きなセンターで引き取れるサービスだ。ヤマトグループの宅急便ネットワークを利用することで、廉価なパッケージサービスを実現した。

 これにより、自社の倉庫営業所などに立ち寄る必要や配送手配の作業がなくなり、顧客のそばなど、より便利な場所での資材受け取りが可能となる。また各営業所に点在していた商材の在庫を圧縮でき、余分な保管スペースを用意する必要もなくなる。サイト内での商材在庫管理機能も用意されている。

 サービス利用料は、営業・サービススタッフの社員数に応じたID使用料と商材を送った分だけの従量課金制。

全国4000か所の宅急便センターを自社拠点にできる「ヤマト クラウドデポ」提供開始

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  2. ゼネコンの16年新卒採用、5年連続拡大、17年春も同規模見込む

    ゼネコンの16年新卒採用、5年連続拡大、17年春も同規模見込む

  3. 錦織圭のエピソードも……経営課題解決メディア「経営プロ」がオープン

    錦織圭のエピソードも……経営課題解決メディア「経営プロ」がオープン

  4. 東鉄協定例会、請負単価下落に危機感、社保加入促進にも影響

  5. 全鉄筋、都内で50周年記念式典…今後も社会に的確に対応

  6. 見えてきたドコモのV字回復、増益支える鍵は?

  7. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  8. アルバイトが感じる上司の理想と現実、最大のギャップは何?

  9. 国土交通事務次官は徳山日出男技監……31日付幹部人事で発令

アクセスランキングをもっと見る

page top