スポーツ振興センターと大成建設、新国立競技場新営スタンド工区の資材調達を契約 画像 スポーツ振興センターと大成建設、新国立競技場新営スタンド工区の資材調達を契約

インバウンド・地域活性

 日本スポーツ振興センター(JSC)は9日、「新国立競技場(仮称)新営工事スタンド工区」について、施工予定者の大成建設と最初の契約を結んだ。契約額は30億5000万円で、10月の着工に向けた資材調達を行う。新国立競技場の建設については、7日に開かれた新国立競技場将来構想有識者会議で、発注を担当するJSCが、資材の調達や人員の確保、配置がスムーズに進むよう、着工準備が整った箇所から順次分割で発注する方針を示していた。
 今回の契約では、10月に着工する基礎工事に向けた資材の調達を行う。初弾工事の契約は8~9月になる見込み。今後は、10月から16年10月までの土工事と並行し、スタンド躯体工事(16年2月~17年12月)を先行させる。屋根躯体(17年4月~19年1月)、外装・内装(17年7月~19年5月)、フィールド(18年9月~19年5月)などの主要工事を順次進め、19年5月の完成を目指す。

スポーツ振興センター/新国立競技場新営スタンド工区/資材調達を契約

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. ブライダル市場で勝ち抜くキーワードは「なし婚」「少人数婚」「外国人」

    ブライダル市場で勝ち抜くキーワードは「なし婚」「少人数婚」「外国人」

  4. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  5. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  8. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  9. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  10. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

アクセスランキングをもっと見る

page top