スポーツ振興センターと大成建設、新国立競技場新営スタンド工区の資材調達を契約 画像 スポーツ振興センターと大成建設、新国立競技場新営スタンド工区の資材調達を契約

インバウンド・地域活性

 日本スポーツ振興センター(JSC)は9日、「新国立競技場(仮称)新営工事スタンド工区」について、施工予定者の大成建設と最初の契約を結んだ。契約額は30億5000万円で、10月の着工に向けた資材調達を行う。新国立競技場の建設については、7日に開かれた新国立競技場将来構想有識者会議で、発注を担当するJSCが、資材の調達や人員の確保、配置がスムーズに進むよう、着工準備が整った箇所から順次分割で発注する方針を示していた。
 今回の契約では、10月に着工する基礎工事に向けた資材の調達を行う。初弾工事の契約は8~9月になる見込み。今後は、10月から16年10月までの土工事と並行し、スタンド躯体工事(16年2月~17年12月)を先行させる。屋根躯体(17年4月~19年1月)、外装・内装(17年7月~19年5月)、フィールド(18年9月~19年5月)などの主要工事を順次進め、19年5月の完成を目指す。

スポーツ振興センター/新国立競技場新営スタンド工区/資材調達を契約

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  5. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  6. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  7. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  8. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  9. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  10. 広島県らサッカースタジアム建設構想/3候補地比較検討、中央公園広場が事業費最小

アクセスランキングをもっと見る

page top