スポーツ振興センターと大成建設、新国立競技場新営スタンド工区の資材調達を契約 画像 スポーツ振興センターと大成建設、新国立競技場新営スタンド工区の資材調達を契約

インバウンド・地域活性

 日本スポーツ振興センター(JSC)は9日、「新国立競技場(仮称)新営工事スタンド工区」について、施工予定者の大成建設と最初の契約を結んだ。契約額は30億5000万円で、10月の着工に向けた資材調達を行う。新国立競技場の建設については、7日に開かれた新国立競技場将来構想有識者会議で、発注を担当するJSCが、資材の調達や人員の確保、配置がスムーズに進むよう、着工準備が整った箇所から順次分割で発注する方針を示していた。
 今回の契約では、10月に着工する基礎工事に向けた資材の調達を行う。初弾工事の契約は8~9月になる見込み。今後は、10月から16年10月までの土工事と並行し、スタンド躯体工事(16年2月~17年12月)を先行させる。屋根躯体(17年4月~19年1月)、外装・内装(17年7月~19年5月)、フィールド(18年9月~19年5月)などの主要工事を順次進め、19年5月の完成を目指す。

スポーツ振興センター/新国立競技場新営スタンド工区/資材調達を契約

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

    畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  2. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  3. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  4. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  5. 「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中

  6. 既存の不適格超高層ビル、増改築の規制緩和へ…来年6月から

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】大人の女性の本当の声を届けたい……COAKI

  8. 歴史的な街並みを観光資源に。古民家再生にファンド

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】気象センサーが生み出す理想のワイン……山梨県・三澤農場の葡萄作りへの挑戦

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top