家族の食事スタイルは家庭炊飯、食べきり型へ……JC総研 画像 家族の食事スタイルは家庭炊飯、食べきり型へ……JC総研

ライフ

家庭での炊飯回数が増えていることが、JC総研が9日発表した今年の「米の消費行動に関する調査」から分かった。1週間の食事(21回)のうち、家庭で炊く回数は前年より0.56回増え11.24回で、過去5年の調査で最多となった。JC総研は「家族の人数にかかわらず、一度に食べきれる量だけを炊く“食べきり型”のスタイルが増えてきた。『米は生鮮品』という意識が消費者の中で強まっている」とみている。家庭で米を炊いて食べる回数が増えた理由で最も多かったのは「外食を減らした」。前年に比べて2.4ポイント増の56.0%だった。次いで「健康のため」が28.3%(7.9ポイント増)。「外食・中食に比べて、家庭の炊事の方が安い」は21.7%と、前年のほぼ3倍の割合となった。1回に炊くご飯の量は2合が29.1%(1.8ポイント増)と最も多く、27.5%の3合(1.7ポイント減)を過去5年で初めて上回った。炊飯する量の目安は「1回で食べきる量」が18.5%で2.7ポイント増えた。米の入手先としては、スーパー・量販店が41.5%で5年連続のトップ。ネット通販や直売所での購入は、50代で10.9%(4.1ポイント増)となるなど、中高年世代で特に伸びており、米の購入方法が多様化している傾向がうかがえる。JC総研は「消費者から米の試食や食べ比べをしたいという要望を聞く。1度の炊飯で炊く量が年々減る傾向にあることからも、今後は『食べきり』をキーワードにした、お米のコンパクトな売り方が増えてくるかもしれない」としている。全国の男女2085人を対象に、民間の調査機関を通じて今年3月にインターネットで調査した。

「食べきり型」増加 家庭炊飯 生鮮品意識強まる JC総研調査

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 【ご当地美人】残り1ヵ月を全力アピール……かごしま親善大使・恒吉初美さん

    【ご当地美人】残り1ヵ月を全力アピール……かごしま親善大使・恒吉初美さん

  2. 【ご当地美人】初イベントはツーリズムEXPO……霧島ふるさと大使 茂利友紀さん

    【ご当地美人】初イベントはツーリズムEXPO……霧島ふるさと大使 茂利友紀さん

  3. 今後3年で“タニタ”の文字が飲食業界にあふれ出す!

    今後3年で“タニタ”の文字が飲食業界にあふれ出す!

  4. 月50時間、小中学校の先生の残業は事務処理と部活指導

  5. 【回転窓】大工3人の異色バンドに期待

  6. 第48回産経「高校生文化大賞」作文、論文を大募集

  7. 【回転窓】人が支える仕事に評価を

  8. メロンやブドウが出荷翌日に香港着……本日から受付開始

  9. 【回転窓】1メートルは一命取る

  10. 親子で意識にズレ!? 母の日・父の日の贈りものでニーズがあるのは?

アクセスランキングをもっと見る

page top