中小企業の利用も拡大中……マイナンバー対策など牽引で国内の企業向け研修サービスが拡大傾向 画像 中小企業の利用も拡大中……マイナンバー対策など牽引で国内の企業向け研修サービスが拡大傾向

マネジメント

 矢野経済研究所が2015年の国内における企業向け研修サービス市場の調査結果を発表した。マイナンバー制度関連の研修が牽引し、2014年度の国内市場は前年比1.5%増の4860億円規模だった。

 同調査は2015年4月から6月にかけて研修サービス事業者やユーザー企業らを対象に実施。自社内の研修は含まず、外部事業者によるサービス提供の市場を調査したもの。

 同社の調査によると、研修サービス市場の売上げは2012年度以降微増傾向で、今回で3年連続の増加となった。来年1月から運用が開始されるマイナンバー制度への対応のために外部研修サービスを利用する企業が急増したことが2014年度の大きな成長要因となっている。また、女性の活躍支援も前年度に引き続き好調。マネジメント研修やモチベーション関連研修が主要な内容だった。

 また2014年度の傾向として、従来は大手企業中心だった研修サービス需要が中小企業にも波及。定額で従業員が研修プログラムを受講し放題となるサービスを利用する企業が増加しており、今後の成長市場のひとつと分析している。中小企業を含め全事業主に対応が必要となるマイナンバー制度への対応を含め、研修は中小企業にとっても検討対象になっているといえそうだ。

 このほか、注目市場としてはIT系を中心に改めて利用者が増えているeラーニングが挙げられている。

 矢野経済研究所は2015年度以降もマイナンバー制度対応や新人研修需要などによる牽引で市場は拡大すると予測。2015年度は2.1%増の4960億円、2016年度はさらに2.8%増の5100億円の市場規模を見込む。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

    物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

  2. 建設関連各社が内定式、ゼネコン大手は計画数確保

    建設関連各社が内定式、ゼネコン大手は計画数確保

  3. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

    【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  4. 常時監視の顔認証でなりすましを防ぐ、NECのマイナンバーソリューション

  5. 中小の製造業・サービス業へのロボット導入補助、1次公募の採択決定!2次公募も開始

  6. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  7. 中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査

  8. いま、“歯車講座”に初級コースが開設される理由

  9. 乳業大手3社の第1四半期決算は営業益が大幅増!値上げもヨーグルト好調

  10. 大成建設、小型の高性能摩擦制振ダンパーを開発

アクセスランキングをもっと見る

page top