中小企業の利用も拡大中……マイナンバー対策など牽引で国内の企業向け研修サービスが拡大傾向 画像 中小企業の利用も拡大中……マイナンバー対策など牽引で国内の企業向け研修サービスが拡大傾向

マネジメント

 矢野経済研究所が2015年の国内における企業向け研修サービス市場の調査結果を発表した。マイナンバー制度関連の研修が牽引し、2014年度の国内市場は前年比1.5%増の4860億円規模だった。

 同調査は2015年4月から6月にかけて研修サービス事業者やユーザー企業らを対象に実施。自社内の研修は含まず、外部事業者によるサービス提供の市場を調査したもの。

 同社の調査によると、研修サービス市場の売上げは2012年度以降微増傾向で、今回で3年連続の増加となった。来年1月から運用が開始されるマイナンバー制度への対応のために外部研修サービスを利用する企業が急増したことが2014年度の大きな成長要因となっている。また、女性の活躍支援も前年度に引き続き好調。マネジメント研修やモチベーション関連研修が主要な内容だった。

 また2014年度の傾向として、従来は大手企業中心だった研修サービス需要が中小企業にも波及。定額で従業員が研修プログラムを受講し放題となるサービスを利用する企業が増加しており、今後の成長市場のひとつと分析している。中小企業を含め全事業主に対応が必要となるマイナンバー制度への対応を含め、研修は中小企業にとっても検討対象になっているといえそうだ。

 このほか、注目市場としてはIT系を中心に改めて利用者が増えているeラーニングが挙げられている。

 矢野経済研究所は2015年度以降もマイナンバー制度対応や新人研修需要などによる牽引で市場は拡大すると予測。2015年度は2.1%増の4960億円、2016年度はさらに2.8%増の5100億円の市場規模を見込む。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省、地方管理空港向け舗装維持管理手引作成、点検頻度設定や修繕施工手順解説

    国交省、地方管理空港向け舗装維持管理手引作成、点検頻度設定や修繕施工手順解説

  2. 国交省/発注関係事務、16年夏に統一指標/重点項目に予定価格・設計変更・平準化

    国交省/発注関係事務、16年夏に統一指標/重点項目に予定価格・設計変更・平準化

  3. 日本酒の「海外売り込み」に酒蔵、日本酒業界が本腰

    日本酒の「海外売り込み」に酒蔵、日本酒業界が本腰

  4. 国交省、積算作業の簡素化とミス防止に向け新方式を検討

  5. 「歩切り」ほぼ根絶、11月時点で実施は3団体に、端数処理が焦点

  6. 2015年の休廃業・解散事業者、3年連続で減少…帝国データバンク

  7. 建設下請実態、賃金「引き上げた」上昇、施工体制台帳に改善余地

  8. カットスイカ、持ち帰り袋で売上アップ……持ち手、ジッパー付き 果肉傷めず好評

  9. 西松建設と岩野物産、トンネル覆工コンクリートの養生工法で「給水タイプ」実用化

  10. 建設の経営業務管理責任者、執行役員も対象に

アクセスランキングをもっと見る

page top