ミラノ万博のジャパンデー、JAグループが日本の食・農を発信

海外進出

イタリアで開催中のミラノ国際博覧会(ミラノ万博)で日本文化などを紹介する「ジャパンデー」が11日、現地で開かれる。東日本大震災の復興支援に対する感謝を表すパレードや食文化などのPR企画を用意。JAグループも復興支援への感謝を伝えるとともに食と農の情報を発信する。万博は「地球に食料を、生命にエネルギーを」をテーマに約140の国や地域が参加。10月末までの期間中、各国の参加をたたえるナショナルデーを設けている。ジャパンデーの東北復興祭りパレードには、JAグループ福島の約80人も参加し伝統の祭りを披露する。食を中心にした技術革新と持続可能な農業の在り方を考えるパネル討論や、伝統・現代の芸能を伝える文化公演も計画する。万博日本館のイベント広場ではJAグループが9日から7日間、「日本の食と農」をテーマに開催。JA全国女性組織協議会(JA全国女性協)のメンバーが作った折り鶴約22万羽を展示したり、餅つきや折り紙の体験メニューを用意したりする。日本の文化や農林水産業の技術を紹介する拠点「ジャパンサローネ」では、JA全農が展示や試食を通じて全農ブランドをPRする。農協観光が外国人観光客を呼び込むための情報を発信する。

ミラノ万博 きょうジャパンデー 食と農発信 JAグループ

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  3. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  4. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  5. 変わりゆくタイ。韓国資本による大規模な投資

  6. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  7. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  8. 比ブトゥアン市・富山市らと覚書交換、低炭素まちづくり・地域開発で

  9. 【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

  10. 中国「中高速」成長時代に突入。米国シフトを強める日本企業

アクセスランキングをもっと見る

page top