お盆の高速渋滞予想、ピークは下りが13日、上りが15日 画像 お盆の高速渋滞予想、ピークは下りが13日、上りが15日

ライフ

NEXCO 3社とJB本四高速、日本道路交通情報センターは、お盆期間(8月6日~16日)の高速道路での交通集中による渋滞予測をとりまとめた。

今年は、8月13日から16日に渋滞が多く発生すると予測。10km以上の渋滞はお盆期間中、下り線で164回、上り線で255回、合計419回発生すると予測。ピークは下り線が13日で37回、上り線が15日で49回発生すると予測している。

特に長い渋滞発生予測は以下のとおり。

・関越自動車道(下り)8月13日(木)9時頃 花園IC付近(45km)
・関越自動車道(上り)8月15日(土)18時頃 高坂SA付近(45km)
・中央自動車道(下り)8月13日(木)6時頃 相模湖IC付近(35km)
・東名高速道路(上り)8月15日(土)17時頃 大和TN付近(40km)
・中国自動車道(下り)8月13日(木)7時頃 宝塚東TN付近(35km)
・九州自動車道(上り)8月15日(土)18時頃 広川IC付近(30km)

高速道路会社では、上り坂などでの速度低下注意喚起、渋滞末尾への追突注意喚起、SAやPAなででの駐車場整備員の配置、臨時トイレの措置、大型車駐車ますの確保など、混雑対策を実施する予定だ。

また出発前に道路交通情報を確認したり、渋滞ピーク時の前後に通過時間をずらすなどの対策をするよう、呼びかけている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

    全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

  2. 38都府県が独自の学力調査、大分は学校単位で結果公表

    38都府県が独自の学力調査、大分は学校単位で結果公表

  3. サスティナブル社会へ向けたアフリカのバナナペーパー事業

    サスティナブル社会へ向けたアフリカのバナナペーパー事業

アクセスランキングをもっと見る

page top